SEを辞めたい人に伝える、たった1つの開かれた道

country-lane-428039_640

 

SEの職場といえば、過酷な環境が多いです。

サービス残業は当たり前、上司の罵倒や複雑な人間関係など、悩みの要素は沢山あります。

 

正直、もう辞めたい。

 

こう考える方も多いことでしょう。

そんな時、現在の状況から脱出するために、何かないかと、沢山の人は模索しはじめます。

 

 

SEは、人々の憧れを実現するスーパーマンの存在

SEという仕事は、人々の理想を実現するスーパーマンのような存在だと思われています。

実際、人々の理想を実現するお仕事ではあるのですが、過酷な仕事環境で、体を壊す方が多いです。

入社した当時は、純粋にSEになることができて嬉しいですし、これから本当に仕事を頑張りたいと思えました。

ですが、これは、SEという仕事の本当の意味を分かっていないから出る考え方であって、SEのリアルを知ってから、真逆の考え方をするようになります。

この文章を読んでいるあなたも、頷いているのではないでしょうか?

 

 

過酷なSEの仕事が始まってからの生活

ブラック企業に勤めてしまってしまったSEは、会社からとんでもない待遇を受けてしまいます。

 

  • やりたくもないのに、終わらないサービス残業
  • 土曜日、日曜日の休日出勤
  • 家に帰りたくても帰れない
  • 毎日帰る時間は終電
  • 会社に寝泊まり

 

こんなことの連続です。

正直、気が狂って頭がおかしくなりそうです。

ここでは名前を書けませんが、某SEの会社では、先輩社員がトイレにこもったまま出てきません。

余りにも過酷で、職場で泣けない分、トイレで泣いていたり、過酷な職場に耐えかねて、トイレで寝ているのかのどちらかです。

 

職場から逃げたくても逃げられない、そんな状況に悶え苦しんでいるのです。

 

誰か助けてくれる人はいないのかと探すものの、周りに人生に対して希望を持つ人がいないので、誰にも相談できず、ただひたすら悩むのです。

辞めたくなる気持ちも頷けます。

 

SEを続けたことで、発生する体の不調

burnout-384080_640

 

SEを続けることで、体に起きる病気といえば、腰痛です。

毎日椅子に座って、業務をこなすことで、非常に腰に負担がくるのです。

SEをやっていると、運動不足のせいで、体の筋肉が衰えて、どんどん猫背になってきますよね。

 

そして、目の負担が半端じゃなく、大きいです。

 

長時間モニターを見続けた結果、目が乾燥して非常に辛いことが多いです。目が辛いとマブタが重たくなって、大変眠くなりますよね。

寝ることもできないので、目薬を入れて乾燥防ぎ、何とか仕事に打ち込んでいることと思います。

 

そして、SEの方が悩む病気として、坐骨神経痛という病気があります。

 

坐骨神経痛になっている方は、この病気の辛さが非常によく分かっていると思います。

坐骨神経痛という病気を初めて聞いたという人のために、簡単に説明しておきたいと思います。もしかしたら、あなたは、坐骨神経痛かもしれません。

あなたは、SEとして長時間労働をして椅子に座り続けていると思いますが、もしそのような生活を続けていると、お尻への負担が大きいのです。

椅子に座り続けることで、知らず知らずのうちに神経を圧迫してしまい、これが病気に発展してしまうのです。

お尻が痛くて椅子に座ることが怖くなったり、椅子に座って仕事をすると、太ももからピリピリとする痛みがあったり、症状は人によって様々です。

坐骨神経痛になった時、SEとして、将来本当にやっていけるのかどうか、非常に不安になってきます。

体の負担が、心の負担となり、さらに自分自身を追いこんでくるのです。

 

 

この辛い現状を打破するために、新しい道を考える

体の負担に加えて、上司から仕事に関するパワハラ行為も加われば、誰もが仕事を辞めたいと考えてしまいます。

自分が辞めたいと思った瞬間から、現場で働く他のSEは、どんな仕事をしているのか、非常に興味を持ち始めるものです。

 

いろいろ、ネットで検索をしていると自分と同じSEでも、どう考えても環境が良いとしか言いようがないような職場で働く人が多いということに気づくのです。

 

いろいろな意見を見れば見るほど、今の会社を辞めて恵まれた環境の職場に移りたいと真剣に考えてしまいます。

仕事を辞めることで人生が変わり、新しい職場で人間的にも仕事的にも恵まれることを頭の中で何度も何度も想像してしまいます。

正直、ここまで考え始めると今の仕事が手につきません。

朝起きた瞬間から仕事を辞めることを真剣に考えてしまいます。

今この瞬間に辞表を叩きつければ、苦しいこの現状を一瞬で変えることができると本気で思ってしまいます。

 

 

1歩を踏み出す勇気がない方へ

leadership-153250_640

 

そもそもなぜ、会社を辞めるのに勇気がいるのでしょうか?

 

あなたが辞めてしまうと、会社が回らなくなってしまうからでしょうか。上司や部下から、信用を失ってしまうからでしょうか。

 

もし本当に、会社が回らなくなり、信用を失ってしまうと考えているのであれば、あなたは、勘違いをしている可能性が高いです。

 

あなたがいなくても会社は回りますし、会社を辞めるのにそもそも信用も関係ありません。

もしあなたが過酷な環境で仕事をしていて、本気で職場を変えようと思っているのであれば、勇気を出して転職という一歩を踏み出して欲しいと思います。

たった1回だけの勇気が、現在の過酷な環境を変える最大の武器となることを覚えておいてください。

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ