SEを新卒で就職して失敗と感じた時に、起こす次の1ステップ

ladder-434523_640

 

この記事を読んでいる方は、SEを新卒で就職しようか悩んでいる方か、新卒で就職したものの失敗と感じてしまっている方のどちらかでしょう。

今回は、それぞれの立場において、どのような行動をとっていくべきかアドバイスをしたいと思います。

 

 

 

SEを新卒で就職する際に感じた疑問

SEを就職先として考える場合、本当に自分の選択が正しいのかと疑ってしまいますよね。

大抵の場合、相談相手がいないので、1人悩むしかありません。

SEに興味を持ち始めたと言っても、少し独学でプログラミングをかじった程度か、テレビでカッコいい姿を見て、将来SEになりたいと思ったなどの曖昧な動機で、就職先として選択してしまって失敗しないかと本気で考えてしまいます。

当然ですが、まともに働いたこともないので、SEに必要な知識もありませんよね。

そんな状態で、仮に就職できた場合、自分がついていけるのか、考えれば考えるほど疑問が湧いてきます。

インターネットで検索してみると、SEは鬱病発症率が非常に高いと書いているので、余計に判断を迷わせます。

 

SEでうつ病に悩む前に、最後に実践すべき1つの行動!

 

他にもマイナス面をあげれば、30代定年説もありますので、将来、自分が長くやっていけるのか、知りたいことが山ほどあります。

 

迷えば迷う程、新卒カードを出してしまって良いのか、決断がつきません。

 

周りがどんどん、就職先が決まって、喜びの声を聞くと、不安なままでもSEという仕事に決めてしまった方が良いのか、自分でもどうしたら良いのか分からなくなってきます。

 

 

SEとして働くうえで知っておくべき事実

looking-up-906888_640

 

新卒のSEに関しては、世間では、いろいろな噂がありますよね。

悪い噂に関しては、気にしていてはきりがありません。当然ながら、どんな職業にも悪い噂は、あるのではないでしょうか。

 

もし、あなたが本気でSEになりたいと思っているなら、挑戦してほしいと思います。

 

SEとして、楽しく仕事をしている人もいますし、人脈を使ってフリーランスでバリバリのSEとして働いている方もいます。

仕事が楽しいからこそ、本気で働いているわけですから、悪い面を気にしすぎて、挑戦しないのは良くないです。

挑戦しなかったことで、後悔はしたくないですよね。

ですが、やはり、働ける目安というのがあります。世間一般では、30代定年説などがありますが、実際に現場で働いていると40代前後で仕事を辞める方が多いのです。

 

なぜ40代前後になって、SEという仕事を辞めるのか、気になっていると思いますが、明確な理由があります。

 

SEという仕事は、ITの分野ということもあって、非常に進化のスピードが速い職業です。

 

現在、一般的に使われている技術が、1年後も通用する技術ということは保証できません。

 

IT技術の進化のスピードが速いので、当然ながら、日々、高いレベルの勉強が要求されます。

誰しも年をとればとるほど、記憶力というのは、下がってしまいます。60代よりも20代の方が、記憶力もパワーがあるのは当然です。

やはり、ITという最新の分野である以上、若い年齢の方が有利なわけです。

 

40代になった時、自分がSEという仕事を継続できるかどうかは、管理職になれるかで決まってしまいます。

 

もしあなたが、管理職になれる程の優秀な人間になれる自信があるなら、SEとして現役のプレーヤーとして、長く働けるでしょう。

 

 

SEの徹夜の理由

なぜ、SEは徹夜をしなければならないか、ご存知ですか?

SEも無意味に徹夜をしているわけではありません。

膨大なステップのプログラムを、沢山の人と構築し、依頼者からシステム改築の指令が出れば、迅速に対応して納期までに納めなければいけません。

納期まで間に合わせようと思えば、どうしても徹夜になってしまいますよね。

家に帰りたいですが、納期に間に合わなければ怒られてしまうので、睡眠時間を削ったとしても、限界まで頑張るわけです。

このようなプレッシャーを我慢し、体が壊れるまで働いていれば、鬱病になる仕事だと言われてもしかたがありません。

 

 

新卒で入社したSE会社がブラック企業

wall-175686_640

 

もし、あなたが新卒でSEとして会社に入社して、たまたまブラック企業だった場合、苦しい日々を送っていますよね。

 

入社1年目だから、徹夜の日があったとしても、しかたがないと思っていませんか?

 

ですが、しっかりとしたSE会社は、徹夜をするということはありません。

 

当然ながら、体が壊れるまで働くということは、基本的にはありません。

すでにあなたが、身体的にも精神的にも限界であると感じているなら、新しい人生として選択肢を増やす良い機会なのかもしれません。

 

新卒でSEに、純粋になりたいと思っていた時より、苦しんだ今の方が冷静な判断ができますし、SEとして他の会社で働くかどうかを検討する良い機会です。

 

会社を辞めて転職することを逃げだという人がいますが、ほっておけば良いのです。

自分が他の職場で働きたいと思ったなら、勇気を出して再び全力で歩み出しましょう。

 

日々、頑張り続けるあなたなら、絶対に良い機会がありますよ。

 

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ