SEに向いてない人の3つの特徴と改善策

computer-962971_640

 

正直、SEになったけれど、向いていないのじゃないかと思い始めていませんか?

当然ながら、人間にはSEに向いている人と向かない人がいます。

基本的にSEに向かない人には3つの特徴があります。

参考にして下さい。

 

 

休みの日に勉強する暇がない人

まずSEとして、休みの日を使って学習をしない人は、SEに向いていないです。

根本的な問題として、IT系の分野に向いていませんよね。

普通の人よりも何倍も勉強して、実践をしてデータを集めて、そういった地道なことを蓄積して立派なSEになるわけですから、勉強しないというのは、大問題です。

 

SEとプログラマを比較すれば、求められるべき力量というのは、圧倒的に違います。

SEの方が、非常に高度なものを要求されます。

 

設計書があり、そのままプログラムを組むことができたとして、実際の現場では、それ以上のことが平然と求められます。

IT 技術の進化は早いので、勉強していない人間は、すぐに生き残れなくなるでしょう。

だからこそ、トップレベルで活躍しているSEが、日々、どのようなことをリサーチして現場で活用しているのか、チェックする癖をつけておいてください。

 

残業に耐えられないとSEに向かない

lion-685134_640

 

SE会社のブラック企業となると残業の連続であるということを覚悟すべきですよね。

 

30代~40代になったとしても、残業の連続で夜遅くまで仕事をしなければならない日々が続きます

 

この状況は、下請けの会社だろうが、その他の協力会社だろうが、状況は一切変わりません。

SEという仕事を選んだ以上、会社によっては、残業だらけの仕事だけの人生を歩まなければいけないかもしれません。

ですが、スキルも能力も高ければ、入社する会社も選ぶことができますし、体が壊れるほど、残業し続けるということもないでしょう。

多少、忙しい日があるかもしれませんが、仕事を楽しみながら生活をすることができているでしょう。

 

仕事が面白くないと感じている人

毎日が残業で終電近くになる日が連続で続くと、だんだんと仕事に嫌気がさしてきますよね。

そのせいで、会社に行くこと自体が嫌になり、仕事自体が楽しめなくなってしまうことがあります。

 

SEとして、仕事が楽しくないというのは、大問題です。

 

最先端を日々、追いかけていかなければならない仕事なので、自分から進んで積極的に勉強を行っていかないと、未来が明るくなることはありません。

ですがSE全員が、終電近くまで残って休日出勤をして、仕事をしているわけではありません。

時間になれば帰宅をするSEもいますし、しっかりと睡眠をとって、日々、楽しくSEとして、働いている方もいます。

もしあまりにも、精神的にも肉体的にも限界を感じているのであれば、職場を変えてみるなど、今まで考えてもみなかった事を検討してみてはどうでしょうか。

 

 

SEとしての未来と限界

vision-240135_640

 

自分が、今の職場にSEとして向いているのかどうかは、未来を含めて現在を考えると、おおよそのことは推測できます。

長時間労働の生活が、SEを始めて、最初の1~2年であれば良いのですが、10年20年と自分が仕事を続けることができる限界まで、長時間労働の生活が続きます。

そのため、その生活が納得できるのであれば、あなたは、SEとして、その会社に居続ければ良いと思います。

ですが、ほとんどの方が、そのような生活は耐えられないですね。

そのように圧迫された生活では、自分のスキルアップのための勉強の時間も確保することができません。

自分が使っている技術は、何年か経つとどうしても古くなり使えなくなってしまうので、精神的・時間的な余裕も非常に重要です。

 

自分の未来が明るいか判断するのに、最適な判断材料となるのは、上司を見れば一目瞭然です。

 

現在、必死で働いている上司が、自分の未来像です。

ただえさえ、終電間際まで働かされて、朝も早い時間に出勤なのに、それでもまだ仕事が足りないと指導された時は、自分の会社の異常性に気づくべきです。

あなたは、異常性のある職場で働き続けることに満足感は全くありませんよね。

その際は、年をとってしまって行動できなくなるうちに、積極的な行動を心がけたほうが良いです。

仕事を辞めるとなっても、金銭的な面や、精神的な面など、考えなければならないことが沢山あるでしょう。

簡単に仕事を辞めることができないのは、皆よく理解しています。

ですが、毎日、現実に対して不満を抱えながら、生きていく生活は、非常に辛いものがあります。

今、抱えている仕事を投げ出したいという思いを持っているかもしれません。SEに関しての勉強さえも、全くしたくない気持ちなのかもしれません。

今、もし余裕がないと感じているなら、仕事を辞めることで、また新しい楽しいことが見えてくるかもしれません。

自分が苦しいと感じる場所に、絶対に居続けなければいけないというルールはありません。

だからこそ、積極性のある行動だけは忘れず、快適な職場環境を探してみることをお勧めします。

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ