SEでうつ病に悩む前に、最後に実践すべき1つの行動!

fashion-916400_640

 

SEをやっていると、日々のストレスでうつ病になりそうになりますよね。

自分の生活のため、家族のためと思い、日々、体にムチを打って出勤する毎日かと思います。

 

ですが、そんなに無理をする必要はあるのでしょうか?

その行動は正解なのでしょうか?

 

 

 

SEとして、システムダウンは許されない!

SEとして、一番のプレッシャーになるといえば、納期に関してですよね。

 

特に、納期が遅れている時などは、システムダウンにおける失敗は絶対に許されないので、かなりのプレッシャーです。

 

他にも、そろそろ完成しそうだと思ったら、仕様変更に関する依頼が来たりして、本来ならば、締め切りに間に合う予定が完全に狂ってしまって、納期に間に合わないこともあります。

作業メンバーが外国人だと、言語的な問題や意思疎通の問題で、思ったように作業が進まないことも非常に多いです。

 

SEの仕事は、複雑です。

 

ただえさえ複雑なのに、納期、環境、人間関係などに追われて、自分の感情がコントロールできなくなるのです。

 

 

SEとしてのプレッシャーのあまり、一線を越えた人

clock-279334_640

 

現役で、SEをやっている方なら、うつ病になり、失踪をする人を見たことがありますよね。

月の残業時間が100時間を上回り、終電まで働かされることが、常態化している会社は、当たり前のようにあります。

隣で一緒に働いている同期が、いつ出勤拒否をしはじめても、不思議ではありません。

毎月、仕事を辞めて、人がぬけてしまうSE会社は普通にあります。

 

ブラック企業のSEは、ひどい所になれば、トイレに鉄柵を入れて、逃げられないようにしてあります。

 

もし、トイレの中でうつ病を発症し、トイレから自殺をされると困るからです。

いつ、うつ病を発症してもおかしくない状況で、働かせること自体、非常に問題があるのですが、現状、ブラック企業のSEは、この過酷な環境を耐えていかなければなりません。

 

 

SEの労働スタイルがうつ病を悪化させる

SEは、会社から派遣されて、仕事をすることが多いです。ほとんど、自分の会社にいることがなかったりしますよね。

どうしても秘密保持の関係から自分の会社で、仕事をすることができません。

派遣先が優れた環境なら良いのですが、優れた環境というのは、なかなか出会えるものではありません。

正直、ここの環境では、SEとして働きたくないと思う状況も当然あります。

利潤を追求しようと思えば、多少、従業員は、我慢しなければならないこともあるでしょう。

ですが、人間が受け入れることができる仕事の量と我慢の限界というものがあります。

生活のため、家族のためといえど、自分の限界があるので、これ以上は、我慢できないと思ったら、他の選択肢を考えていくべきではないでしょうか?

 

暗い環境、地下室のような場所での過酷なSEの作業

bridge-828598_640

 

暗い地下室のような場所でのSEの作業となると、気が狂いそうになりますよね。

正直、仕事を長く経験していると、1度は、そういった環境で作業命令が出たことがあるのではないでしょうか?

 

会社に出社する際に、1度太陽を見たら、会社の作業が終わって帰るまで太陽を見ないのは、なかなかきついものがあります。

 

太陽が入らない環境の中で、1日中仕事をすれば、どんな精神状態になるか容易に想像できます。

ただえさえ、SEという仕事は、プレッシャーもかかる仕事なのに、このような作業環境では、うつ病になるのも、非常に理解できます。

 

あなたが現役SEで、今回の配属で過酷な環境に配属された場合、どのような行動をとりますか?

SEという職業を選んだからしかたがないと思い、体が壊れるまで働き続けるのでしょうか?

 

 

SEとして、体が壊れるまで働く意味

broken-window-960188_640

 

SEという仕事に魅力を感じて、あなたはこの仕事をやっているわけです。

少し長く働くと、夢も希望も失ってしまうのでしょうか?

それは、SEとしてというよりも、人間として選択を間違っていないでしょうか?

 

 

実際は、過酷な状況を変えたいと思っていますよね。

 

毎日の仕事が楽しくて、人間関係も職場も最高に恵まれた場所で仕事をしたいと思っていますよね。

 

 

自分の人生を本気で変えるなら、自分の感情に対して素直になるべきです。

嘘は絶対に良くありません。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとして、正直に無理なものは拒否すべきです。

無理をしてしまって拒否をしないから、過酷な仕事をさせられて、うつ病になってしまうのです。

 

今、この瞬間に、自分の人生に対して正直に生きると決断してください。

 

SEという仕事は、今の過酷な現場でなくても、どこでも仕事ができます。楽しい職場はいくらでもあるのです。

 

SEの職場は、どこに行っても過酷だから、行動するだけ無駄なんて思わないでください。

 

今の職場が嫌なら、SEとしての別の会社で働くという手段もあります。

選択肢としては、全然アリではないでしょうか。ど

うせ生きるのであれば、思い切って職場を変えて、新しい人生を歩むことも非常に良いですよ。

 

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ