公務員は理想の仕事か?辞めたい理由5つを考える

salzburg-city-hall-116837_640

 

不景気な時ほど人気が出る仕事は、公務員と言われています。

理由は、民間で働いている人にしてみたら、公務員は給料も安定し、福利厚生も充実しているし、リストラの危険性も低いので、理想の仕事場と思われているからです。

しかし、安定した職業だからといってはたして理想の仕事なのでしょうか。

ここでは、公務員を辞めたい理由を5つ、述べていきます。

 

 

年功序列である

最近、民間企業と同じようにということを言われるようになりましたが、昔ながらの体質は依然として残っています。

どう考えてもあの人は仕事をしていないのに、自分は頑張っても評価されない、など思った時、ふと民間で働いている人がうらやましくなってしまいます。

公務員の年功序列の不動さは鉄板です。

 

やりがいが感じられない

役所勤めなどの場合、安定はしています。

しかし人と接することが少ないのと周りでバリバリと働いている人が見かけられないので何となく仕事をしている、という風に流されます。

他に行きたいという思いがそんなときに生まれます。

 

上司が使えない、そういう人はなぜか移動しない

役所によっては、上司が移動しないといったこともあります。

あの人がいなければ、もっと効率よくできるのに、と思ってもままならないことがあります。

対人関係が意外と重要。

そして、それはずっと続く辞める人が少ない部署だからこそ、一度入るとその対人関係は長く続きます。

役所に勤めている場合は、休みの日、どこにいるか、何をしているかを上司に報告しなければいけない部署もあります。

公務員を辞めたくなる瞬間です。

 

公務員への風当たりが冷たい

民間企業では考えられないほど、住民の方の目が注がれた仕事です。

部署によっては、住民の声を反映させてということでまるで草の根運動のように住民とのコミュニケーションを重んじるところがあります。

 

 

住民からのクレームが多い

意外と多いのがクレームです。

行政での処理のため、残業を強いられることも多くあります。それらを処理していっても感謝されることはありません。

クレーム内容もまちまちで、それらの対処に苦慮するころもあります。

 

入ってみると意外にハードだった仕事

heavy-934552_640

 

公務員試験に受かって、役所に入ったとしても、そこで安穏と過ごすことができるとは言えなくなってきた時勢です。

 

内勤だけの仕事だと思ったのに意外とハード、と思ったら、昔からの体制が残っているところもあって、何が何だかわからない、という部署もあります。

 

そして、「民間企業と同じように」ということで民間企業のアイデアを取り入れようとする公務部署もあります。

しかしながら、民間企業のいいところを取り入れようとしても、元々、公務の世界でしか仕事をしなかった人たちのプロジェクトです。

そのため公務に長くいた人々なのですから発想力などもありませんし養うことはないでしょう。

若い人の活性化という名の元のプロジェクトもありますが、それらの成功は民間があってのもので、公務員と民間が共同で行っているものなどはやりがいも感じられるでしょう。

せっかく公務員試験を合格したのに、と言われることもあるかもしれませんが、最近公務員の考え方も変わってきており、土木などは民間に委託するといった自治体も出てきています。

 

では、公務員を辞めたいという人に必要なのはなんなのでしょう。

 

  • 公務員以外でやりたいことを探す
  • 自分で勉強して、資格を取る
  • 自分ができることを再認識する

 

自分が過去に取っていた資格をもう一度見直すことも必要です。

そして、今の自分の生活について考えてみましょう。

辞めたいと考えるとき、安定性についてももう一度考えることをおすすめします。

民間企業にあるもの、公務にあるものを比較して考えながら、自分が何を理想とするのかを再認識していくことが必要だと考えます。

 

そして、他に公務員から民間へ再就職した人は何をやっているか、必ず調べてみましょう。

 

民間企業の人が、同じく民間企業の他の業種に転職することより、公務員の方が、民間へ就職することのほうが難しいとされています。

それは、いくら公務員で長く仕事をしていたとしても、民間企業に入るということは、一から始めるということになるからです。

一から仕事を始めたい、そういう人は転職することをおすすめします。

 

 

最後に

light-956980_640

 

公務員は住民の人たちのために行うもの、社会奉仕のためですが、民間の場合は、企業のためという立場になりますので、仕事に対する考え方が違います。

民間企業の魅力である、自らのサービスや商品を普及させること、顧客の満足度を考え、収益を出すようにすることは、公務員の場合にはそれほどシリアスに考えることはなかったでしょう。

また、公務員では、福利厚生が民間より充実していて、不景気だからリストラになるということもなく、安定した生活ができるようになっています。

民間企業では、会社の経営状態でリストラもありえますし、逆に売り上げが良ければ給料や賞与が上がります。

目に見えてわかりやすいという点では民間企業です。

自分はどんな仕事をしたほうがより自分らしいかを考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ