コールセンターの仕事は使い潰しか?辞めたい5つの理由を考える

telemarketer-878593_640

 

ハローワークや求人情報誌などで、コールセンター勤務の求人が多く掲載されています。

相手からの電話を待ってそれに対する的確な答えをする受信や確認電話を入れる発信作業の会社もあります。

その職種は、多彩で通販や旅行社、会社の受付、塾や予備校の宣伝など、様々な種類の会社での業務がありますが、なかなか続く人はいないといわれています。

それは、どうしてなのでしょうか。

コールセンターを辞めたい理由を考えます。

 

コールセンター業は、クレーマーとの戦い

電話での業務ですので、話し方をゆっくり、2トーンほど高い声で話すというのを徹底しているところがあります。

しかし、面と向かっての会話ではないので、お客様によっては、事務的な声になっている、と言って怒り出す人もいます。

受信となると、お客様は何かあって電話をかけてくるので、クレームを言ってくることは初めから念頭に置いておかなくてはいけません。

 

 

仕事内容が多すぎる、マニュアルを見てもわからない

人が辞めてしまってすぐに人材がほしい、ということで研修も早々にオペレーターデビューしてしまうこともあります。

商品について、マニュアルを見ながら、しどろもどろになりつつ何とか質問に答えようとしても、理解不足などでお客さんを怒らせてしまうことがあります。

コールセンターは慣れが命、と言われるのはそのためです。

 

 

上司を出せと言われても代わってくれない上司

クレームがかかってくると初めから上司を出せ、という方はほぼいらっしゃいません。

大体が、お客様のクールダウンをお待ちして内容をしっかりと伺うということですが、中には突然上司を出せ、と言う方もいらっしゃいます。

上司が変わってくれない理由は今までの話がわからないから、と言われる場合もありますので、それまでの経緯は電話を聞きながらメモで流れを書いておくと引き継ぐのも楽です。

 

ですが、中には「そんなの自分で処理しなさいよ」と言う人もいます。

 

なぜなら、上司もクレームは嫌いだからです。

ですから、大体は、受けた人間がすべて内容を聞いて謝罪するということになります。

頼りのない上司が存在するのもコールセンター業を辞めたくなる理由の一つと言えます。

 

 

コールセンターでのクレームは、毎日あって疲労困憊

tomcat-835005_640

 

確かにクレームを毎日聞くのはいい気分はしません。

そしてクレーム内容は商品についてなどで、自分とは別のことで怒っているので、ただこちらは謝罪し、そのあとどう問題を解決するかにかかってきます。

 

人は顔を見ないとこれほどまでに辛辣な言葉を使うのか!

 

と思うほどのきつい言葉を聞くこともあり、心が折れながらひたすら耐えて聞き続けなくてはいけません。

それについていけず、辞めていく人も多いのです。

 

知らず知らずにストレスを溜めこんでしんどい

コールセンターでは1年続ける人というのは半分いたらいいところだといわれています。

仕事量が多いということではなく、毎日知らない人と話をすることでストレスを溜めてしまって、不眠症や軽いノイローゼにかかることもあります。

一つの仕事が終わったらすぐに流せるようにしておかないと、体がもちません。

 

また、コールセンターの仕事にもメリットはあります。

仕事内容が把握できれば、お客様への説明もスムーズになります。また、クレーム対処法なども自分でコツがわかってくるのです。

そうなると、一般事務で働くより面白いと思う人も出てきます。

実際、事務をしていた人がコールセンターで働くとこちらの方が楽だと思う人も多いのです。

ただし、コールセンターでも「クレーム対処係」の受信は、あまりお勧めできません。なぜなら、クレームしか入ってこないからです。

 

離職率の高い職種ではありますが、仕事を覚えていれば自分流にできるところもあるので、まずストレスを溜めないような自分を作ること。

逆に言えば、ストレスを溜めないようにコントロールできるなら、自分が仕事をする場が増えるので、一度やってみて、だめだったら他にという考えでやってみるのもよい仕事です。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

コールセンターでは、電話の受け答えだけ、と思われる方がいらっしゃいますが、発信のオペレーターもいます。

専門的知識の必要なオペレーターはともかく、通販の受信などは、お客様とお話ししながらとなりますので、明るくはきはき話せる人には向いています。

時給は高いほうですが、離職率も高いので、求人が多いです。

年令も20代から還暦の方まで、という会社もあり、幅広い年齢層の人間が働ける仕事です。

 

もし、オペレーターの仕事が今の自分に合わなければ、他の仕事を探して転職しても何の問題もありません。

オペレーターを一度経験していれば、また別の会社でのオペレーターとして就業することは可能な仕事なのです。

 

そして会社によって内容もことなりますので、別の会社で働いたらこんなに楽なことはなかったということもあり、辞めた後も「オペレーターは絶対無理」というのではなく、自分にできる仕事と考えたとき、選択材料の一つにあげておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ