夜勤の仕事は地獄!辞めたいと感じるポイント4つとは

site-232191_640

 

夜勤の仕事にうんざりとしている人も多いはずです。

本来ならば眠っている時間に馬車馬のように働くのは誰だって辛いもの。

夜勤を経験した人にしかわからない、夜勤の仕事の辛いポイントとはどのようなところなのでしょうか。

また解決法はあるのでしょうか?

 

 

夜勤はとにかく眠たい

夜勤を経験している人はわかると思いますが、夜に働いている最中、突如としてとんでもない睡魔に襲われることがあります。

やはり体には生活リズムというものが存在し、慣れている人であっても、本来ならば眠っているはずの夜に働いていると、眠気を感じてしまうものなのです。

さらに、夜勤を行っていると昼間に眠ることになるのですが、

 

真昼間から寝ようと思っても、そう簡単に眠れるものではありません。

 

部屋のカーテンを閉めても光は漏れてしまいますし、雑音も完全にシャットアウトすることは難しいです。

 

選挙カーなどが通れば最悪。その日は眠ることができません。

 

昼間に上質な睡眠を取れないということも、夜勤を行う人が眠たくなってしまう理由なのです。

そして、仕事中に眠たくなってしまえば、当然、仕事に集中することなどできませんので、つまらないミスを連発してしまいます。

看護士などの仕事をしている人にとっては、小さなミスが人の命を左右してしまうこともあるため、大きなプレッシャーを感じてしまいますし、上司からとんでもなく怒られることになってしまうでしょう。

集中できない環境にも関わらず集中をしなければいけないという状況は地獄です。

本来ならばできるはずのことができなくなってしまうというジレンマは、夜勤を経験したことのある人しかわからないものなのです。

 

友達と遊ぶことができない

dogo-canario-750558_640

 

夜勤をしている人は、普通に日中働いている人とは生活のパターンがまるっきり違います。

仕事が終わるのが朝だという場合は、仕事終わりに飲みに行くこともできないでしょう。

朝からやっている居酒屋などはあまりないので、仕方のないことです。

そのような生活リズムになってしまうと、高校時代の同級生などと遊べるチャンスは少なくなってしまいます。

みんなが集まって楽しく呑んでいる時間、夜勤をしている人は働かなければならないのです。

さらに、仕事帰りにスーパーに行こうと思っても、開店していないことも多くあります。

 

  • 仕事帰りに服を買うこともできない
  • 電化製品を買うこともできない
  • 弁当屋さんも閉まっている

 

こんな状態は、夜勤をしている人間の選択肢を次々と奪い、毎日変化のない、つまらない生活を強要させるのです。

 

このような状況に慣れてしまっている人もいますが、本来であればこのような生活は異常なのです。

夜勤をしたことがないという人がそれを経験すれば、すぐに逃げ出したくなってしまうでしょう。それほど、夜勤をしている人間は、プライベートの自由がないのです。

夜勤のない仕事に転職することさえできれば、このような不自由な状況から脱出できるのですが、転職活動をするのにも、一般企業との活動時間が違うため難しいという現状があります。

しかし、なかにはそのような辛い状況の中で頑張って転職を行い、今は夜勤のない仕事を行っているという人も多いのも一つの事実。

どうしても夜勤地獄から逃れたいという人は挑戦してみるべきです。

 

 

体調を崩しやすくなる

特に冬場の話ですが、夜勤をしている人は体調を崩しやすいです。

仕事場は暖房がきいているため、快適に仕事をできるかもしれませんが、一歩外に出れば、そこは極寒地獄です。

 

そのような急激な温度差を毎日のように味わっていると、どんなに気をつけていても、体調を崩してしまいます。

 

また、先に紹介した良質な睡眠が取れない、ということも、体調を崩してしまう原因となります。

寝不足な状態というのは、体の抵抗力が弱まっている状態と同じですので、すぐにウイルスに感染してしまうのです。

さらに、日中に外に出ることが少ないと、体がビタミン不足になってしまいます。

実は人間というのは、太陽の光を浴びることによって、体内でビタミンDを作り出す機能を持っています。

夜勤で働いている人は、太陽の光を浴びる時間が、人よりも圧倒的に少ないため、体内のビタミンが欠如した状態になり、病気にかかってしまうのです。

 

 

人よりもストレスを感じてしまう

clock-439147_640

 

睡眠不足、空虚なプライベート、体調悪化、これらのことが毎日のように続いていけば、当然のように人はストレスを感じてしまいます。

そして、ストレスを感じてしまうことによって、人は眠れなくなり、鬱な状態が増え、体の抵抗力が弱まるため、負のスパイラルに入り込んでしまうのです。

ストレスを解消しようにも、友達と遊ぶことができないせいで、ストレス解消ができないという状態は想像以上に苦しいものです。

 

また、夜勤をやっている人はシフト制で働いている人が多いので、他の人が病気などで休んだ場合、休日だったはずの日に急に仕事場に呼び出されてしまうこともあります。

 

それがどれほどのストレスになるかということは、想像するまでもないことでしょう。

 

最後に:唯一の解決法は転職

はっきり言って夜勤の仕事は、本来人間が正常に生活していく上では、最悪の仕事といえます。同じ時間働いていても、日中働くのと夜働くのでは、これほどの差があるのです。

結婚して家族ができれば、子供と一緒に過ごす時間も短くなってしまいます。

できるだけ早めに、日勤のみの仕事に転職したほうが将来のためにもなりますので、時間を何とか見つけて、転職活動に精を出すべきです。

 

もしあなたが、実際にどんな形で転職活動に踏み切っていいのか分からない。どのようなスケジューリングで進めていけばいいのか今一ピンとこない。

こんなお悩みを抱えているなら、一度転職のプロ「転職エージェント」に相談してみるのも一手です。

転職エージェントは、そんな悩みを抱えたあなたがお客様です。

      • リクルートエージェント

        altタグ

 

      • すぐにでも夜勤の職場を離れたいのであれば、業界最大手のリクルートエージェントに相談してみては。幅広いコンサルタントが在籍しているため、迅速な相談に乗ってもらえます。
      • DODA

        altタグ

 

    • 確実な転職を実現させたい人。自分の適正が今一分からずにじっくりと仕事を考えたい人におすすめのサイト。実情を詳細に相談することで親身に話を聞いてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ