会社の異動で辞めたい人に知ってもらいたい4つの事

cat-897412_640

 

会社員をしていると、自分は今の部署から離れたくないのに、突然異動を命じられることがありますよね。

こちらは心の準備もできず、やり慣れた仕事や親しんだ仕事仲間とも急に離れることになり、精神的に参ってしまう人も中にはいます。

そんな時には辛い異動の際、もう辞めたいと思っているとき、どう乗り越えていったらいいのか、心構えや様々な対処法をまとめました。

 

 

心を落ち着けよう

急な上司からの異動通知に、まずとまどうことでしょう。

 

  • どうして私が異動?
  • 仕事で間違ったからか?
  • 今進行中のプロジェクトや仕事をどうすれば

 

など、一気に考えなければならないことがが山積みになり、混乱するかもしれません。

すぐに「辞めたい」と思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、まず心を落ち着けましょう。

冷静にならなければ、この急な事態に対応することができません。

コーヒーを飲みながら一息ついたり、音楽を聴くなど、自分が落ち着ける方法で心を落ち着かせましょう。一時の動揺や感情に流されずに、落ち着いてしっかり考えることがまず大事です。

 

 

メリットとデメリットを考える

share-price-1013627_640

 

異動することによって生じる、メリットとデメリットを考えてみましょう。

異動することによって、何も得ることがないと思うのであれば、辞めることも有効な選択肢の一つです。

しかし、周りに評判の悪い部署であっても、意外にも自分にとっては居心地のよい場所になる可能性もありますし、自分には向いていない仕事内容だと思っても実はやってみると楽しいことも仕事をしている上では多々あります。

冷静に考え、辞めるにしても異動を受け入れるにしても、自分に納得のいく答えを自分自身で出すことが大切です。

大体の会社の異動では本人に拒否権はないものと思います。

自分が異動によって失うものと得るものを考えましょう。

 

 

 

他の人の意見を聞こう

その異動先のことをよく知らないなら、他の同僚や上司に聞いてみましょう。

何となく噂で聞いていたりはするかもしれませんが、自分と関係ない部署のことは詳しくは知らないものです。

 

またこういう時には、女子社員の方が他の部署の雰囲気などを把握している場合があります。

 

女性は世間話が好きな人が多いですし、思いがけない友人関係があり情報を握っていることもあります。

もし女子社員に話をきくことが可能であれば、聞いてみましょう。

また、自分が本当に信頼できる上司や同僚にそこへの異動について意見を聞いてみましょう。

異動の前には人に言わないように上司からいわれているかもしれませんが、ここは大切な決定を下す時なので、人の意見も聞いていた方が、後になって判断を悔やまないですむと思います。

相手の意見を鵜呑みにするのではなく、それを参考として自分自身で答えを出しましょう。

異動は急に決まる場合が多いですし、あまり意見を聞いたり、考えたりする時間はないかもしれませんが、これからの自分の未来への大切な分岐点になることかもしれませんので、できるだけ慎重に決められるよう他の人の意見を聞きましょう。

 

 

転職も選択肢の一つ。ピンチをチャンスに変える

woman-1076254_640

 

先ほども述べた通り、もしデメリットしか感じないのなら、辞めることも選択肢の一つです。

なかなかその選択をすぐにできる人はいないと思いますが、それが逆によい機会となってより自分に合った職場に転職できるかもしれません。

 

異動によって精神状態が悪くなったり、成長に結びつかないのなら、何年も無理をするより会社に迷惑をかけてでも辞めた方が結局は自分のためにも会社のためにもなります。

 

もし精神を病んでしまって、会社にこれなくなれば会社にも迷惑がかかるのですから。

転職には悩む人の方が多いと思います。貯金がある程度ないと、異動を言い渡されたときにすぐに辞めるということはできないでしょう。

しかし、これから先の長い社会生活を考えればそれがよい選択だったと思えることもあります。

自分の貯金や家族からの支援状況と相談しながら、決めましょう。

そしてここが決断のときだと思ったら、すぐに行動に起こしましょう。

時間がかかればかかるほど、異動の手続きが進んでいき会社にも迷惑がかかります。新しい仕事を見つける時間も必要です。

もし何年も就業経験があるなら、転職サイトにまず登録してみることも手だと思います。まず登録してみて、自分が働ける仕事や受け入れてくれる会社があるのかを確認してから会社を辞める方が無難です。

 

 

最後に

ここまで、異動を言い渡されてからの心構えや対処法などをまとめました。

つまり、異動を言い渡されて仕事をやめたいと思ったときには、落ち着いて異動のメリットやデメリットを吟味し、他の人の意見を聞いて異動を受け入れるかどうか考え、デメリットしか考えられないのであれば転職を考えることがおおまかな流れになるということです。

転職サイトにまず登録することも一つの方法でしょう。

そして、この流れをかなりスピーディに行う必要もあります。

異動を告げられて悩んでいるときにはあまり冷静に順を追って考えられないものです。そんな時に参考になれば幸いです。

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ