「会社 有給取れない」そんなキーワードを打ち込んだ人必見! 

shadows-977166_640

働く人なら当然の権利として与えられている有給。

この有給が取れなくて悩んでいる方は結構たくさんいます。

そもそも権利なのになぜ有給を取れないのでしょうか?有給を取るためにはどのように行動したらいいのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

 

 

会社が有給を取らせてくれない理由

有給とは、その会社で働く人に与えられている権利の一つです。

休んだ日も日当が支払われる休みのことで、有給を使用すれば実務は休んだとしても報酬は支払われる仕組みのことです。

この有給システムがあるからこそ、働く人たちはメリハリをもって仕事に取り組んだり、急な私用の予定にも対応できるようになっています。

しかし、この有給が会社によっては使えないという例が存在します。

 

1.忙しすぎて休みが取りづらい

busy-880800_640

激務すぎて有給はおろか、通常の休みですら難しいという人も多いかもしれません。

休みを取ろうとしたら上司から嫌味を言われたり、周りに迷惑をかけると思って有給を消化できないパターンです。

しかし、休みがなさすぎるのも会社としてはブラック企業にあたりますし、何より体や精神状態にとっていいことはありません。

時には思い切って休みや有休をとるようにしましょう。

 

 

2.他の人が先に取って自分は取れない

チームや組織で仕事をしていると、休みの調整も大変です。休みを取りたい時期がチーム内の人と被ることも出てくるでしょう。

しかし、あまりにも同時期に大人数が休むとチームや組織が回らないといった懸念事項も出てくる場合があります。

まるで早い者勝ちかのように、先に申請をした人が優先されてしまったり、前も休む時期を譲ったのに今回も自分が我慢しなくてはならないというようなどうしようもない状態の時もあるでしょう。

あらかじめ仲間や上司に相談しておくなど、連携が必要になってきます。

 

3.突発的な休みにしか利用できない

thermometer-833085_640

 

風邪や体調不良、子どもの問題や身内の不幸などで、突発的に休みをもらわなければならない時はしばしば訪れます。

そういった場合にしか有給が使用できず、プライベートを充実させるような私用で有給を取ろうとすると、

上司や仲間から嫌な顔をされたり、「また休むの?」という雰囲気を出されたり自由に有給を消化できないという空気がはびこっている場合があります。

有給は権利ですが、使用しようとすると嫌な態度や空気を出されるのはたまったものじゃありません。

日頃からきちんと職務を全うし、コミュニケーションが取れている場合は、気にすることなく有休を利用することをオススメします。

 

4.そもそも有給がない

権利として一応設定はされているものの、「有給を利用する」という概念がない会社も残念ながらいまだに存在しています。

厳しい社風なのか、昨今のワークバランスでは考えられない企業が存在するのも事実です。

そんな社内では有給を消化したい、なんて言いたくても言えません。

残念ながら、このような場合は転職をリアルに考える方が今後の身のためかもしれません。

 

有給は消失する!?

有給、正式には年次有給休暇と言いますが、この休暇は2年間使用しないと消失する仕組みになっています。

勤務開始してから半年後に10日間の有給が与えられ、その後1年間ごとに11日、12日と付与される日数が増えていきます。この有給権利が発生した時から、2年以内に消化しないと、それまでに使用していなかった有給は消滅してしまいます。

1日訳1万円の日当と換算した場合、有給は大体10万円前後と計算することができます。

 

極端な話ではありますが、有給を消化せずに消失させてしまうと、働かずに手に入るこの10万円を捨ててしまっているようなものなのです。

 

これはとても勿体ないことです。今まで有給を軽く考えていた人も、現状を確認し、消化しきれていないものは期限内に使い切るように調整したほうがベターでしょう。

 

 

会社に対応してもらえない場合

有給の申請は基本的に会社ですが、会社が有給を使用させてくれないようなブラックである場合は、迷わず労働基準監督署に相談するようにしましょう。

「いきなり労基に相談なんて…」と思う人は、会社が契約を結んでいる社会保険労務士などに相談してみてもよいでしょう。

社外にも労基問題に強い個人事務所などはたくさんありますので、人目が気になる場合は調べて個人で相談してみるのも一つの手です。

有給は立派な労働の権利なので、それが使用できないということ自体がそもそもおかしいのです。

会社に遠慮することはありませんが、何か対策を打ちたい、と思う人はまず、労基問題に強い人へ相談することから始めましょう。

 

 

最後に

plants-691650_640

 

人々が健全に働くために与えられている「有給」の権利を、気持ちよく使用できない企業であれば、辞めてしまうのもありだと思います。

「有給が取れなくてもこの職場が大好きで満足している」という人は問題ありませんが、や有休を使用できないフラストレーションを溜めてしまっている人はそれ以外の部分にも、社内に不満を持っていることが多いです。

最近ではホワイト企業を目指し、社内環境を整えている企業が多いですが、いまだにブラックを引きずっているような企業に勤めている人で、苦痛を強いられているようであれば、思い切って転職するのもよい選択だと思います。

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ