会社を辞めたいと感じている20代がすべき5つのこと

hook-812105_640

 

大学を卒業したばかりの新社会人や新卒で会社に入ったけど、どうも会社が合わないような気がすし、辞めたいというように感じている20代も多いと思います。

どんな理由であれ、会社を辞めるか辞めないかというのを考えるのは、人生において大きな選択の1つです。

「会社を辞めたい」と感じているなら、20代の内にやっておくべきことが5つあるので紹介します。

 

 

よく休む

とにかく休むようにしましょう。

会社を辞めたいと思うのは、それなりの理由があるはずです。

仕事がキツい、職場の雰囲気が肌に合わない、そもそも仕事が好きになれないなど、人それぞれの理由があると思います。

会社を辞めたいと思って、行くのが億劫になったりしたなら、少し休んでみてはいかがでしょうか。

会社には「有給」という素晴らしい制度があるので、大いに活用するべきです。

身体に不調を感じている場合は、医師の診断を受けて診断書を書いてもらって堂々と休みましょう。

しばらく仕事から離れて休めば、だんだんと

 

「何もしないのもツライな」

「仕事をしたいな」

 

という気分になってきます。

よく働く人は、きちんと休んでいるものです。

もしかすると、「会社を辞めたい」という感情は休まずに働き過ぎなのかもしれません。

 

 

思いっ切り仕事をする

休むことも大事ですが、思いっ切り仕事をすることも重要です。

会社を辞めたいというように感じるのは、いまの仕事の本当の楽しさを感じていないからなのかもしれません。

寝食を忘れるくらい仕事に没頭したことがないなら、1週間から1ヵ月ほと思いっ切り仕事をしてみてはいかがでしょうか。

仕事に没頭しだすと、仕事をしていることや会社に行くことが当たり前になります。

毎日、歯を磨かないと気持ち悪く感じるように、仕事をしていないと気持ちが悪いという状態になるまで仕事をすれば会社を辞めようという気持ちもなくなるかもしれません。

1週間も仕事に没頭できないのであれば、そもそも仕事や会社が向いていないのかも知れないので、転職などを考えた方がいいのかもしれません

 

 

学生時代にやりたかった仕事をもう一度考えてみる

studying-703002_640

 

会社を辞めたいと感じた時は、学生時代のことを思い出してみてはいかがでしょうか。

もちろん、学生時代に遊んでいたことや楽しかったことなど思い出しても意味がありません。

思い出すべきなのは、就職活動をしだした頃のことです。

社会に出るために必死に自己分析をしたり、面接などに繰り出していたころのことを思い出してみてください。

果たして、いまの会社の仕事は学生時代に「やりたい」と思っていたことでしょうか。

よほどの専門的な職業で無い限り、学生のころよりも転職の方が希望している業界に入りやすい場合が多くあります。

異業種ではなかなか難しいかもしれませんが、前職の経験などを考慮して内定が出やすくなります。

学生時代のことを思い出して、やりたかった仕事をもう一度考えてみましょう。

挑戦するのに年齢は関係ないといいますが、本当にやりたいことを、もう一度挑戦できるのは20代が最後かもしれません。

 

 

転職サイトに登録してみる

いまの会社がどうしても嫌に感じるのなら、とりあえず転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

「自分はいつでも辞めることができる」という意識でいれば、少しは今の会社にいることの苦痛が和らぎます。

転職サイトに登録すれば、自分の能力を活かせる仕事を探すことができますし、人材を募集している会社からオファーが来るという場合もあります。

「自分には、こんなにも商品価値があるんだ」と自信になることもありますし、自分に合いそうな会社を探すことも簡単にすることができます。

もし、面接に行きたいという会社があったら、会社が終わった後に行ったり有給をとって面接に行くなど水面下で転職活動をするのもいいでしょう。

また、転職サイトに登録をする時は、いままでの自分の経歴を書くことにもなるので、本当にやりたいことや、やるべきことなどを分析することができます。

経歴欄を書いている時に「いまの自分には、この経歴では転職は難しいのでは……」と感じる瞬間もあるかもしれません。

登録しても、いまの自分ではダメだと一念発起して、会社を辞めずにがんばろう! というように感じる可能性もあります。

会社を辞めたいと感じているいまこそ、いくつか転職サイトにアクセスしてみてはいかがでしょう。

 

 

今後の人生をよく考えて行動する

20代は、まだやりなおすことができる年齢です。

もし、いまの会社にのこり40年いることが苦痛だと感じているのであれば、会社をやめることも視野に考えて行動をおこしてみましょう。

20代はまだまだこれからの年齢です。

 

人は40年近く仕事をします。

だとしたら、最初の20代は「修行」と割り切って仕事をしてみてはいかがでしょうか。

修行には楽しいこともありますが、ツライこともたくさんあります。

会社を辞めたいというように感じたとしても修行だと思って、仕事をやめるか、続けるかを考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ