会社を辞めたいけど今一自分の適正が分からない人へ!

running-man-1149787_640

 

今の会社を辞めたいけど自分は何に向いているのか?

次にどんな仕事を選べば良いのか??

自分自身の本当の適正を知る方法って???

 

 

今の会社が嫌で嫌でたまらないけど、辞めて次にどんな仕事をして良いのか分からない。

そんな漠然とした不安でモヤモヤしている人、きっと多いと思います。

 

頭の中では嫌なのは分かっているけど、次にどうしていいのか分からないから今一行動に踏ん切りがつかない。

ただ今の会社が嫌だという理由だけで転職しても失敗を繰り返すだけなんじゃないか?

 

こんな不安に陥るのは当たり前の事です。

 

でも「今の会社が嫌」という感情を抱えたままで、何も行動に移さなかったら、何も変わらない日常が延々と続くだけですよね。

 

そうすると結局、ただ給料を貰って生活をするためだけに会社に行っているという「成長の無いサイクル」からいつまでも抜け出すことができません。

 

実際のところ私自身もこういった負の連鎖の中で悶々とした日常を送っていましたが、とあるキッカケが原因で自分自身を知るヒントをつかむ事ができました。

 

 

 

自分自身の強み(長所)を発見できる本格的な診断ツール

2015y03m05d_151913272[1]

 

上記の画像はとある転職サイトに登録することで使用できる診断ツールの結果です。

 

そんな診断ツールだけで自分の進路が決まったら世話ないよ・・・。

自分自身の性格なんて痛いほど分かっている・・・。

 

 

そう思われるかもしれません。

 

しかし、このツールある意味で驚くほど精密にできているのでバカになりません。

 

特に今の会社を辞めたい人は必見です。

 

簡単に説明します。

 

 

SPI検査を開発したリクルートが運営

実はこの診断ツール、転職サイトの「リクナビNEXT」が運営しています。

有名な会社なのでご存知の方も多いかと思います。

 

ざっくり言うとこのツール、心理学のような設問に感覚的に答えていく形式です。

その上で、その人の適正や性格を分析してくれるというもの。

 

設問は3部構成で全部で293問あります。

 

2014y11m30d_102558369-e1417310887117[1]

 

 

答え方は簡単で、直感的に4つの選択肢から1つ選んでいくだけです。

 

このツールの信頼性の高い部分は、何といってもSPI検査を開発したリクルートが運営している点。

 

試行錯誤した分析テストをノウハウに盛り込んでいるため、かなり精度が高いです。

 

 

 

2014y11m30d_102958349-e1423099604614[1]

 

設問数は多いですが、選択式なのですぐに答えられます。

15分もあればできてしまいますね。

 

2014y11m30d_103414211-e1423099689493[1]

 

 

設問の意図が一体どうゆうことなんだろう?と感じますが後々の結果に反映されます。

 

最終的に自分自身の5つの強み(適正)を弾き出してくれます。

 

 

診断の結果どうなるか?

 

2015y02m22d_102727573-e1424568632840[1]

 

 

私の場合は、自分自身の強みが

柔軟性・現実思考・受容力・決断力・冷静沈着

の5つでした。

 

このツールの凄い部分は、それぞれの強みに対して具体的にどうゆう事(どうゆう強み)なのか細かいコメントが入っている点です。

 

<柔軟性>

あなたは、好奇心旺盛で興味の範囲が広く、ものごとを柔軟にとらえることができます。また、突発的なできごとに対して臨機応変に対応することも得意です。

何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。

 

これが何を意味するのか?

 

この適性診断をやり終え、自分の長所を知った途端に、

 

「あ~俺いいように会社に使われていただけなんだ」

 

と強烈に痛感しました。

 

要は自分でも気づいていなかったわけですね。

柔軟性とかいうとビジネスチックで良い風にとらえられもしますが、それは会社側からみた一側面です。

 

逆に言えば、

 

「こういった強みでこんな会社を支えてたんだ」

 

と今の会社を見切る決意がつきましたね。

 

 

「なんでこんな会社にいつまでもこだわってんだろ」という気持ちに一気に方向転換したのです。

 

この診断ツールの凄い点は、客観的な自分自身の適正を打ち出してくれるところと同時に、今の会社に縛られている事がどれだけ時間の無駄かを気づかせてくれる点でもあります。

 

利用方法は様々ですが、興味のある方は一考してみてください。

 

 

 

リクナビNEXTのグッドポイント診断はこちら

 

※診断ツールの使用はリクナビNEXTに登録後使用できます。メールアドレスが必要です

利用料金等は一切かかりません。

 

 

適正が分かって実際に転職できるのか?

適正が分かったところで、実際に転職できるかどうかは別物。

こんな考えをお持ちの方もいるでしょう。

そもそも自分の事が分かったところで、そこを買ってくれる企業がなきゃ意味がない。

 

こう考えるのが普通です。

 

もしそんな思考ならば、リクナビの「スカウト機能」にも同時登録することをおすすめします。

これは簡単に言えば、あなたが登録したレジュメや適正に興味を持った会社がスカウトオファーを送ってくるというものです。

概要ですが、あらかじめあなたの事を分かった上でオファーをかけてくるので、企業とのマッチングがしやすいのですね。

 

「そんな自分にオファーなんかくるの?」

 

こう考えた人、実際にやってみると分かります。

 

 

こんな感じで意外とオファーが来ます。

 

 

私自身、たいしたスペックを持っていないにも関わらず月に2通ものスカウトを頂きました。

しかもこのオファー、誰でもカレでも送ってるんじゃないの!?と思いきや、そんな事もありません。

 

 

 

・意外にも大企業

・同業種なのに高額年収の提示

 

 

普通にこういったお宝案件も紛れています。

レジュメや適正を見ての判断なので、吟味された上で送っているのかもしれません。

 

もちろんオファーを受けたからといって、その会社に確実に内定が決まるというものではありません。

ですが少しでも自分にマッチした会社を見つけたいと思った時、こういったツールを利用するのも一つだなと感じました。

書類選考が免除され、いきなり面接からというのも煩わしさをショートカットできる部分でもあります。

 

もし自分の適正で本当に転職ができるのか?自分の市場価値はどんなものなのか?

こう考えるなら、利用してみるのも一手かと思います。

 

 

リクナビNEXTのグッドポイント診断はこちら

 

 

 

 

このページの先頭へ