会社の人間関係は大丈夫?部下を追い込むパワハラ上司にありがちな5つの特徴

a0001_016585

 

あなたの周りにもいませんか?

部下を必要以上に追い込み、潰してしまうパワハラ上司。

コンプライアンスが叫ばれている今日にあっても、巷では未だにパワハラ上司が出没していますね。

彼らの特徴をしっかりと理解し、事前に対策を準備することで、自分の身をしっかり守っていきましょう。

 

 

ネチネチと長時間お説教するパワハラ上司

皆さんの職場にもいませんか。部下の一挙手一投足すべてを細かくチェックし、重箱の隅をつつくまるで小姑のような上司。

 

彼らの特徴としては、部下が些細なミスをした際に、「鬼の首を取った」かのように嬉々として長時間お説教するという点が挙げられます。

 

部下がミスをした場合に、上司は部下を叱ることは当然です。

しかし、大切なのはその理由です。

部下にミスの原因を理解させ、同じミスを繰り返させないために叱るのが目的であり、決して部下の人格を否定することが目的ではありません。

ですから、ネチネチと長時間部下を説教する必要は本来ないのです。

長時間にわたり説教を続けた場合、部下はミスの原因を理解することよりも、自分が否定されたという感情のみが強く残り、結局またミスをしてしまう悪循環に陥る危険性すらあります。

 

部下に仕事を押し付けるパワハラ上司

「優秀な部下を持つと幸せだ」という言葉がありますが、皮肉にも「優秀な部下は不幸だ」という状況になることもあります。

部下が優秀な場合、上司は基本的に仕事をしなくて済む場合もありますから、彼ら上司の中には「部下に仕事を押し付けるパワハラ上司」もまた存在します。

 

このパワハラ上司の凄いところは、「優秀な部下か」「責任感が強い部下か」を嗅ぎ分ける嗅覚に長けている点です。

 

また部下に対しては

 

「君を信じているよ」

「君に仕事を任せるよ」

 

等、一見するとパワハラとは受け取られないような巧妙な言い回しで、部下に仕事を押し付ける傾向もあります。

しかし仕事をこなせばこなすほど、さらに多くの仕事を押し付けられてしまいますので、どんなに優秀な部下であったとしても次第に疲弊し、潰されてしまう危険性があります。

 

人格否定の暴言を連発するパワハラ上司

dog-900215_640

 

最近は減少傾向にありますが、ひと昔前であれば「人格否定」レベルの暴言を部下に浴びせる上司は多くいたものです。

 

彼らの特徴としては、部下がミスをした際に、他の同僚や部下がいるにも関わらず、ミスをした部下に大声で罵声を浴びせるという点が挙げられます。

 

一般的に、ミスをした部下は上司に報告をする時点で自身の責任を感じ、十分に反省もしているため、上司はミスをしたことを責めるより、ミスの原因を本人に認識させるようとします。

しかしパワハラ上司の場合、部下の反省などは気にもとめず、感情的に部下の人格を否定するような暴言を浴びせます。

当然、同じ職場の他の社員にも聞こえますので、ミスをした部下だけでなく、職場全体の雰囲気が悪くなってしまいます。

 

 

自分のやり方を強制するパワハラ上司

egg-583163_640

 

嫌な上司にありがちな特徴としては、自身のこれまでの仕事のやり方を部下に強制するという点が挙げられます。

このようなパワハラ上司の共通点としては、社内での評価が高く、これまでに多数の実績を残してきているという点があります。

ですから彼らは自身のこれまでの成功体験を基に、部下に対しても自分のやり方を強制するようになります。

少しでも自分のやり方と異なる方法で部下が仕事を進めた場合、彼らは激しい怒りを見せます。

上司の評判やこれまでの実績から、部下ははじめのうちは上司の指示に素直に従いますが、仕事の進め方にあまりにも細かく口を出されるようになると、反発して上司の言うことを聞かなります。

結果、反対に自身で考えることをやめ、上司の指示がないと仕事ができない部下になってしまいます。

いずれにせよ、部下の成長にとってマイナスとなってしまいます。

 

 

社内と社外で態度が豹変するパワハラ上司

あなたの周りで、社内にいる時と社外にいる時とで対応が豹変する上司はいませんか?

もしかすると、その上司はパワハラ上司かもしれません。

彼らの特徴としては、部下が作成した仕事について、事前に部下が説明した際には何も指摘せずに了承したのにも関わらず、取引先からミスを指摘されたり修正を依頼されたりした場合には、突然態度を豹変させます。

取引先の人間がいる前などで平然と部下を叱責するという点が挙げられます。

上司のこうした態度により、一生懸命に仕事をし、事前に上司に説明までしている部下のモチベーションは大きく低下します。

それだけではなく、取引先の人間からも「部下のミスを事前にチェックできないなんて、あの上司は信用できない」と思われてしまう可能性もあります。

社内外からの信用を失う可能性があることについて、気付いていないのは上司だけになってしまいます。

 

 

最後に

部下を追い込むパワハラ上司の特徴を列挙してきました。

会社組織の中で働く以上は嫌な人間関係では付きまとうものです。

しかし、明らかに理不尽過ぎる、価値観が歪んでいると痛感するのであれば、より自分らしく働ける職場を探してみることもまた、一つの勇気かと思います。

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ