精神を破壊するブラック企業。うつ病になんてなってたまるか!

depression-824998_640

 

最近では既に市民権を得たブラック企業というフレーズ。

過酷な労働条件などの劣悪な環境により精神的に疲弊してしまう会社員のニュースが後を絶ちませんね。

中にはうつ病を発症してしまう人もいるほどです。

 

実際どういった現状が具体的にあるのでしょうか?

そもそも何か解決策や予防策はあるのでしょうか?

 

 

うつ病の発端は社員への不当な扱い

一言で言ってしまえば、ずばりこれが原因です。

運悪く入ってしまったブラック企業が何故ブラック企業と呼ばれる原因はとにかくこれです。

 

何百人もの多くを採用するブラック企業は数年後には半数以上の社員切り捨てを計画しています。

 

給料は安く、長時間労働はもちろん当たり前、時間外労働は約束されている様なものです。

休日出勤は頻繁で、日々上司からの嫌味や罵声が飛んできます。

その中で精神的に参ってしまう新入社員などは数日で退職届を出すのです。

会社にとったら、安い金で働いてくれて、辞めた分だけボーナスは払わなくて良い、そんな捨て駒の様な社員は便利なのでしょうね。

その人が鬱になるとかどうとかなんて全く考えていないのです。

 

 

パワハラ(パワーハラスメント)

こちらのフレーズもよく聞きますよね。

正式名称ではパワーハラスメント、つまり上司が部下に対する上下関係を利用した嫌がらせやいじめなどのことを指します。

異常なまでの権力行使と言えるかもしれませんね。

気に入らない部下を殴る・蹴るなどをする社長が実際にいれば、年上の部下だろうが何だろうが関係なく聞くには耐えない様な暴言を浴びせる上司もいます。

部下に精神的ダメージを与えるパワーハラスメント。実際に細かくカテゴライズしてみると3つにタイプが分かれます。

 

第三者から見て明らか

先に述べた様なパワハラです。

無視をしたり、非常に冷たい態度をとったりします。”給料泥棒”と侮辱したり、馬鹿にしたりします。殴ったり蹴ったりを他の社員の前でも平然とする様な人もいます。

心身ともに人に見える様な形でダメージを与えるということですね。確実にうつ病へと追いやっていきます。

 

第三者から見ては分かりにくくても意図は明らか

この場合は精神的な攻撃がメインとなります。

気に入らないからと、わざと特定の社員を孤立させるために、本来必要である電話やメールなどでの連絡を避けるなど無視もします。

責任を逃れるために責任を無理やり押し付けたりします。異常な量の仕事を押し付けたり、部下のプライベートの時間に不必要な電話をかけて威圧をしたりもします。

しまいには、根拠のない噂を広めたりなどもします。

まるで24時間自分の時間が無いかの様な錯覚に陥ってしまいます。

46時中会社の事が頭から離れない・・・そんな地獄の日々の連続。

 

第三者から見て識別しにくく加害者本人も自覚はない

これは意図的ではないパワハラと言えるでしょう。

具体的にはミスをしつこく指摘したり、仕事を常に監視したりします。業務上必要な情報やサポートを与えず、過度に低い評価を与えたりします。

いつの間にか無駄に意地悪になってしまう様な感じです。

自分自身でも気づかないうちに、地味に精神的に追いやられていってしまう・・・。

 

ブラック企業でパワハラを受け時の5つのヒント

 

鬱を防ぐには

うつ状態にあるとやる気がとにかく失われます。

毎日上司に

 

  • お前は本当に使えない
  • 消えちまえ

 

などと言われていればほとんどの人は自分に自信を失い、塞ぎこんでしまいがちになります。

仕事に行くのが嫌になる上に、やること全ても辛く感じてしまいます。

それがうつ状態なのですが、その状態になるのを防ぐことが出来れば、うつそのものの存在を遠ざけることが出来るかもしれません。

やる気がなく全てが辛いというとき、大体の人は目的を失っています。

 

もし自分が「今危ないかもな」、と感じたら一度「自分は何のためにここにいるのか?」と自問してみましょう。

 

意外と難しい、食生活改善も大切な予防策になります。

朝ごはんを食べると食べないとでは、会社に向かう時気持ちが違います。ブラック企業にいるのであれば、戦いに行かなければなりません。

 

状況によっては上司を心の中で完全になめきるのも一つの手段です。

 

「ああ、また言ってるよ」と無感情になるなめ方ではなく、「このやろう、今に見てろ」というふうに、挑戦的な心に切り替えるのです。

 

 諦めたらダメです

martial-arts-291049_640

 

不運にも入ってしまったブラック企業なのですから、杜撰な扱いをされてしまうのが社員の宿命であります。

精神的に辛くなり、うつになりながらも死ぬ思いで会社に行くのであれば、はっきり言って行かないほうがマシです。

ですが何も考えず、ただ辛いと思いながら止めてしまっては負けなのです。人は誰も失敗をします。

それを責める人はもちろんいる、でも間違っていないのに責める様な人がいるのであれば、臆病になるのではなく堂々と胸を張らなければならないのです。

自分の目的を明確にして、目標のために戦うのです。

 

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ