会社で居心地が悪いと感じる人への4つのアドバイス

dog-1033159_640

 

毎日仕事をする中で、会社での居心地が悪いと感じたことはないですか?

居心地が悪いと感じる瞬間は人によって違い、仕事内容から人間関係まで幅広く関わる問題でしょう。

会社での居心地があまりにも悪い場合、果たして辞めてしまった方が良いのでしょうか?

 

 

居心地の良い会社は意外と少ないもの

冒頭でも出たように、人の価値観や捉え方によっても、居心地の良さ悪さには違いが生じます。

中には、ごく当たり前のような出来事や居心地の場合でも、それを悪いと感じる人もいて、一概にどこからが悪いという線を引くことは難しいでしょう。

ただし、どこの会社であっても居心地が良い、環境が良いと言い切れる人はそこまで多くはないのです。

 

  • 人間関係が悪くて居心地が悪い
  • 上司にいびられてばかりで居心地が悪い
  • その上ノルマを課せられて尚居心地が悪化

 

といったように、何かしら居心地の悪さを感じる瞬間はあることです。

これらをすべてクリアできて、毎日仕事をする上で居心地が良いと感じる会社はそこまで多くはないこと、そしてそういった会社には退職者が出にくいことから、なかなか求人がないといったパターンが多いのです。

居心地の悪さは一般的の範囲と言えるものなのか、それとも度が過ぎている居心地の悪さなのか、客観的な見方も必要になるでしょう。

 

居心地の改善を試みては

road-sign-798175_640

 

会社の居心地が悪すぎると思う場合、大抵他の人も同じように思っていることでしょう。

ピリピリしたムードが流れていて私語が出来ない状態であったり、いじめというものが存在していたりと、毎日過ごすのには苦痛となってしまう状況もあるものです。

そうした場合には、居心地を悪いものから、普通程度まで改善するよう、周りと協力しあって行動に出てみるのも一つの方法です。

特定の人がいることによってその居心地を悪いものにしているのであれば、その人に一度話し合いを求めてみたり改善するよう伝えてみる。

一人で抱えている問題でないのであれば、周りを巻き込んで改善する方法は一番安全策とも言えるのです。

居心地の悪さで一番多いのはやはり人間関係でしょう。

空気がピリピリしてしまうのも、いじめという問題が生じるのも、すべて人間関係が良好ではない為です。

一度考えをリセットし、同じような価値観を持っている人たちと改善をはかってみてはいかがでしょうか。

意外と簡単に雰囲気を変えることが出来たり、居心地の悪さも解消出来てしまうかもしれません。

 

 

自分自身に非がないかを考える

単に居心地が悪いといっても、その原因が自分にある場合だってあるものです。

あなた自身に居心地が悪くなってしまう原因がある場合は、改めたり見直す必要があります。

例えば挨拶をしないのが当たり前になっていたり、上司に対しての話し方や言葉遣いがなっていなかったり、時間にルーズで周りに迷惑をかけてしまうことが多いといったようなことはないですか?

居心地が悪いと感じるのが、もし自分に非があってのことであれば、自身が直さないことにはどこにいっても居心地が悪いと感じてしまうことでしょう。

もし気付いていない場合や、思い当る節が自分では見当たらないといった場合には、周りに一度聞いてみると良いでしょう。

居心地が悪すぎると感じる人の中には、このように自覚していないこともあり、自分に非があることを気付けない為に、何度も同じような経験をすることもあります。

周りの人が悪い、会社が悪いと考える前に、自身には問題がないかどうかを一度考える必要があるでしょう。

もし自分に非があってのことであれば、居心地を良いものに変えるのは意外と簡単です。

自分さえ改善してしまえば、会社での扱いや居心地がよくなるからです。

 

そこにとどまることだけがすべてではない

cloud-991152_640

 

これらの段階を踏まえても尚、会社の居心地が改善されない場合には、無理してそこにとどまることはないのです。

 

今の自分にはこの仕事しかできない、この場所でしか雇ってもらえないというように、そこに居なければならないという思いを持っていませんか?

 

どこの会社でも居心地が良いと言い切れる所は少ないものの、悪すぎる環境はもっと少ないものです。

 

その数少ない居心地の悪すぎる会社に、いつまでもとどまっている必要はなく、むしろ転職を視野に入れることによって、視野が広がることが予想されます。

確かにせっかく慣れた仕事であったり、やっと雇ってもらえた職場であれば、辞めるという決断はしにくいものでしょう。

ただこの先5年10年と同じ環境の中で仕事をすることは、あなたにとってプラスになるのかを考えてみましょう。

居心地が悪すぎてストレスを多く感じてしまったり、我慢することが多くなってしまったりと、マイナス点は多いはずです。

今の仕事をしながら、他の会社を探してみるのも、あなたにとってプラスとなるかもしれません。

毎日仕事をするとなると、そこでの居心地は重要なポイントでしょう。

居心地が良ければ大変な仕事も頑張ろうという気になれる、でも居心地が悪い状況での大変な仕事となると、ただのストレスにしか過ぎないことでしょう。

周りに人たちの会社での居心地を、実際聞いてみるのも良いでしょう。

他社と比較することで、自分の会社がどの程度のものなのか判断する材料になることでしょう。

 

第3者に相談してみる

もしあなたが誰にも仕事上の悩みを打ち明ける事ができないのであれば、転職のプロに相談してみるのも一つです。

仕事を変える変えないに関わらず、今の状況を第3者に聞いてもらうだけでも大分違います。

      • リクルートエージェント

        altタグ

 

      • すぐにでも今の職場を離れたいのであれば、業界最大手のリクルートエージェントに相談してみては。幅広いコンサルタントが在籍しているため、色々な相談に乗ってもらえます。
      • DODA

        altタグ

 

    • 確実な転職を実現させたい人。自分の適正が今一分からずにじっくりと仕事を考えたい人におすすめのサイト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ