仕事でプレッシャーに耐えられず辞めたい人へ読んで欲しい記事

hand-70508_640

 

仕事においては大きなプレッシャーを感じる人も多いと思います。

なかにはそのようなプレッシャーに耐えられず、心を病んでしまう人もいるため注意が必要です。

いったい、心をおかしくしてしまうほどのプレッシャーを人はどうして感じてしまうのでしょうか。

 

 

契約に関するプレッシャー

仕事で大きなプレッシャーを感じてしまう仕事といえば、契約に関する仕事です。

簡単に言えば営業ということになりますが、契約が決まるか破棄になるかによって、大きな金額の成り行きを個人が担うことがあります。

そのような際には、その金額の大きさにどうしてもプレッシャーを感じてしまうようになるのです。

もちろん、そのような金額の大きな契約を個人で行えるということは、それなりにやりがいを感じるでしょうし、上司から評価されているのだと思います。

しかし、やはり大きな仕事であればあるほどプレッシャーというものは付きまとってしまうものなのです。

このような大きなプレッシャーは本人の能力を著しく低下させてしまうこともあります。

小さな契約ならばうまくやれるのに、大きな契約になった途端、急に仕事ができなくなってしまうという人はいるのです。

そのせいで、契約を結ぶことができなくなったり、契約を破棄されたりしてしまい、会社に大きな損害を与えてしまうような人も存在します。

プレッシャーというものはあって良いものではありません。

しかし、どうしても仕事の大きさに比例してしまうものです。うまく付き合っていければよいのですが、それもなかなか難しいという現状があります。

 

 

社長のような人間の前での仕事

仕事で大きなプレッシャーを感じるときといえば、偉い人間に対してプレゼンなどを行わなければいけない、というような状況です。

その相手が、普段からよく話をしている上司であればまだ良いですが、社長などのようなほとんど面識のない偉い人間が相手の場合だと、大きなプレッシャーを感じてしまいます。

プレゼンのようなことをする場合、社長や幹部の前で行わなければならないこともあると思いますが、このような際には大抵の場合ダメだしをされるものです。

さらにその内容によって、あなたへの評価というものも大きく変わってきますので、よりプレッシャーを感じるようになってしまいます。

このような仕事というのは、定期的に上司の前で仕事を行わなければならないことがあります。

プレッシャーに強い人であればそれはモチベーションになるかもしれませんが、そうでない人にとってはプレッシャーや苦しみでしかありません。

人には向き不向きというものがありますので、そのような状況がプレッシャーになってしまうという人は、もっと自分に合った仕事に転職したほうが良いです。

 

人の命を左右するような仕事

大きなプレッシャーを感じる仕事といえば、人の命を左右するような仕事です。

つまり医者や看護士、介護職員などということになります。

とはいえ、人の命を左右するような仕事は、その仕事内容が直接命に携わるような仕事だけではありません。

例えば、車を製造している人は、何かミスがあったらそれが引き金で人の命を奪ってしまうリスクもあります。

そういう意味では、このような仕事も人の命を左右するような仕事と言うことができます。

やはり仕事に命がかかわってくると、それをやる人にとっては大きなプレッシャーとなります。

ほんの少しのミスや勘違い、言ってしまえばくしゃみ一つが命を左右することもあるので、全ての行動を慎重に行わなければならないのです。

このような仕事をしていると、仕事中、一瞬でも気を抜くことが許されません。

そんなことをしてしまえば命に関わる致命的なミスを引き起こしてしまうため、自然に常に気を張った状態になってしまうのです。

精神的にもかなりのプレッシャーになるこのような仕事は、心の弱い人では勤まりません。

ストレスで心の病気を発症してしまう人もいるので、どうしても耐えられそうもないという人は、すぐに転職を決断するようにしましょう。

 

プレッシャーを感じやすい人

仕事自体が大きなプレッシャーを感じるようなものではなかったとしても、プレッシャーを感じてしまうという人は多くいます。

それは仕事の特殊性というよりは、本人の特性によってそのように感じてしまうのです。

つまり、プレッシャーを感じてしまいやすい、良い意味で言えば責任感の強い人、悪い意味で言えば心の弱い人は仕事の内容に関係なく大きなプレッシャーを感じてしまうということです。

このような人は、人に少しでも迷惑をかけてはいけない、と思いがちな人です。

仕事をミスすることで先輩や同僚に迷惑をかけてしまうと思ってしまうため、プレッシャーを感じてしまうのです。

しかも、そのプレッシャーが逆効果となって、ミスを誘発してしまうこともあるため、良いことは何もありません。

このような人は仕事における価値観を変える必要があります。

もしくは、自分の尻拭いは自分でできるような仕事につくことで、過剰なプレッシャーを感じないで良くなります。

プレッシャーを感じやすい人はそれだけで心に病気になりやすかったり、ストレスを感じてしまいやすいので、できるだけプレッシャーの少ない仕事に転職をするようにしましょう。

それが結局は自分のためになります。

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ