あなたのメンタルは大丈夫?業績が全く認められない職場にありがちな3つの特徴

 

皆さんの職場において、仕事に対してとても熱心で、顧客からの信頼がとても厚いにも関わらず、なぜか社内での評価が低い人はいませんか?

さらに、その人がメンタル面で追い込まれているようでしたら、もしかすると、その職場は「業績が全く認められない職場」かもしれませんよ。

そんな職場の特徴を紹介します。

 

 

部下の功績を全く認めない上司

あなたの職場にこんな上司はいませんか?

 

部下が朝早く出社し、夜遅くまで残業しているのにも関わらず、「頑張っているね」の一言すらもかけない上司。

 

声をかけないだけならまだマシで、部下が仕事の件で上司に質問をしたところ、

「そんな事もわからないのか!自分の頭で考えろ!」

と大声で怒鳴り散らし、さらに部下の質問には何も答えずに、何時間も「有り難いお説教」をする上司。

こんな上司の下では、いくら優秀な部下といえども上手く仕事を進められるはずがありません。

 

仕事の進め方がわからないから質問したのに、質問には答えずに感情的に怒られるだけですから、その部下は上司と距離をとるようになることでしょう。

 

このように上司と部下のコミュニケーションが希薄になってしまうと、当然「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」が機能しなくなります。

そうなると必然的に仕事の品質やスピードは落ちてしまいます。

しかし部下の立場では、上司から的確な指示を受けることなく自分一人で仕事を進めているため、むしろ「自分は一生懸命仕事に取り組んでいる」という使命感を感じるとともに、上司から業務を押し付けられているという不満もまた感じることでしょう。

このような上司の場合、結果的に仕事が上手くいった場合もまた、部下をほめることは決してありません。

これくらいの仕事は出来て当たり前だと考えるからです。

 

そして、万が一仕事が上手くいかなかった場合には、その全責任を部下に押し付けてしまうことでしょう。

 

これでは、部下の成長は望めませんし、部下をメンタル面で追い込んでしまうことでしょう。

いわゆる仕事の業績を全く認めない上司。

こんな上司があなたの職場にいましたら、職場環境を変えることもまた、一つの解決策かもしれませんね。

 

 

社内での自分の評判ばかりを気にする同僚

 

あなたの職場に、入社当時は仲が良かったのに、気がつくと

 

  • 「自分の出世」
  • 「社内での自分の評価」

 

こんなことばかりを気にしている同僚はいませんか?

部下の功績を全く認めない上司も問題ですが、実は、職場で最も注意しなければならない人種こそが、まさに「社内での自分の評判ばかりを気にする同僚」なのです。

皆さんの中で、心当たりがある方がいるかも知れませんが、仕事が順調であるにも関わらず、周囲や上司からの評価がイマイチ良くない時ってありませんか?

 

このような場合、あなたの知らない所で「あの同僚」が悪行を働いているかもしれません。

 

例えば、あなたが参加していない職場の飲み会の席で、上司があなたの事をほめていたとします。

自分と関係ない第三者の話の場合、普通の人ならば黙って聞いているところを、「あの同僚」は黙っていられません。

すぐにあなたの弱点や欠点について上司に話をすることでしょう。

事実ならばまだしも、噂話や嘘のレベルの話をすることもあります。

 

このように他人の評価が気になる人たちは当然、情報収集能力に優れているため、一見すると社交的な振る舞いを見せますので、良い人だと勘違いしてしまうことが多くあります。

 

他人のネガティブキャンペーンを行う同僚が近くにいる場合、それを見破り、事前に100%阻止することは難しいかと思います。

要は裏で自分の業績を操っていて、全く評価につながらない。

そんな同僚の事を気にしながら仕事をすることは、メンタル面で決してプラスには作用しません。職場環境を変えることもまた、一つの選択肢と言えます。

 

 

管理能力ゼロの名ばかり管理職

dog-916099_640

 

部下の功績を全く認めない上司や、自分の出世のために噂話を流す同僚たちからの攻撃にも耐え、必死な思いで仕事をしているあなたは立派です。

どんなに大変な思いをしたとしても、自分の努力や功績を理解してくれる人がいれば、どれほど心強いことでしょう。

しかしながら悲しいことに、職場環境を管理する立場にあるはずの管理職の中にも、部下の仕事状況や悩みについて全く把握していない、あるいは関心がない管理能力ゼロの「名ばかり管理職」がいるのもまた現実です。

このような絶望的な現実を目にしても、定年までその会社で勤めようと考えられる方は本当に立派です。

その一方で、自分の気持ちに正直に向き合い、新たな一歩を踏み出す方もまた、本当に立派です。

どのような道を選択するにせよ、後悔だけはしたくないものですね。

いつでも、人生はあなた自身が道を描き出すものだということを、どうぞお忘れなく。

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ