「仕事の納期がストレスになっている」というあなたへのちょっとした助言

time-481444_640

 

仕事の納期の設定が厳しくてストレスになっている、仕事相手が納期を守ってくれないなどでストレスを感じている人は多いのではないでしょうか。

仕事をする以上、納期の問題は避けて通れないのですが、そこに何らかの問題が生じると仕事そのものがストレスになってしまうケースもあるでしょう。

問題の解消に向けてどう動くべきかについて考えてみましょう。

 

 

納期というものは基本的に「守らなければならない」もの

納期としては極端な例かもしれませんが、新聞社の編集セクションに勤めている知人の話をさせていただきます。

新聞には朝刊と夕刊があるため、締め切り(納期)は1日に2回あります。

どんなにいい記事を書こうとしても、締め切りを大幅に過ぎてしまっては全く意味がありません。

かえって原稿が遅れたことで印刷所をはじめとする他の部署に迷惑をかけてしまう結果になりかねません。

結果、締め切りは何があっても守らなければならないほど重要なものとなっているそうです。

特に、事件は締め切り時間を考えて起きてくれるわけではありませんので、ちゃんとした文章の構成を考えるほどの時間が取れないケースもあるでしょう。

そういう時には他人が修正できない事実関係のみをしっかりとチェックしたうえで、文章の細かいところについてはデスクなり校閲部なりに放り投げてしまうケースもあるそうです。

いささか極端な例かもしれませんが、仕事においては納期というのは基本的に「守らなければならないもの」です。

納期を守らないことで、他人に迷惑がかかるからです。

 

 

仕事には「相手」があることを理解する

基本的なことですが、仕事は1人でやっているわけではありません。

たとえフリーランスであっても、仕事相手というものは存在します。

そうした相手に迷惑をかけないための、ある意味最低限のルールが納期だといっていいでしょう。

組織に守られている会社員と違い、フリーランスの場合はシビアです。

納期を守らなければそれだけで信用を失ってしまうケースもあります。納期遅れがそのまま失職に結び付くケースも存在します。

組織内の人間ならば謝罪で済むケースでも、フリーランスだとそうはいかないのです。

重要なことなのでもう一度書きますが、仕事をする以上は必ず「相手」がいるのだということを理解しておいてください。

相手に迷惑をかけたくなければ、納期を守ることは最低のエチケットです。そうしたことを積み重ねて、相手の信頼を得ていくのが仕事なのです。

納期に関するストレスが生じる場合、そういうふうに考えを変えることで解決するケースもあります。

自分の仕事が独りよがりになっていないかどうか、一度チェックしてみる必要があるかもしれません。

 

 

場合によっては「けんか」も必要になる

ただ「納期は守るべき」だといっても、どう考えてもそれが不可能だというケースが存在するのも確かなのです。

上にも書きましたが、いくら自分が納期を守ろうとしても、相手が守ってくれなければどうしてもスケジュールに無理が生じてくるでしょう。

また、スケジュールを組む人間が現場を理解していないなどの理由から、どう考えても納期を守れないという結論になってしまうケースもあるでしょう。

相手側の都合で納期を守れなくなってしまった、当初から納期の設定に無理があるといったケースでは、相手と「けんか」をするのも必要になってくるかもしれません。

これは相手とトラブルを起こせという意味ではありません。

 

上手に「けんか」をすることで、状況を少しでも好転させていくということです。

 

「コミュニケーション能力」について、周囲とうまくやっていく能力だと勘違いしている人も多いでしょうが、コミュニケーションとはあくまでも意思疎通のことです。

上手に「けんか」をすることもコミュニケーション能力の1つなのです。そうやって無理がないスケジュールに修正していくことで、ストレスは軽減されていくはずです。

 

会社の体質の問題なら転職も考慮に

road-932832_640

 

ただし、これはあくまでも会社の体質に問題がないケースです。

会社の体質が前時代的で、納期そのものに無理がある場合でも、スケジュールの修正自体を許さず、ひたすら社員に負担を強いるだけという困ったケースが存在していることも確かです。

大手の会社もかつてはそんな体質だったと聞いています。

どう考えても時間が足りないようなケースでも「気合で何とかしろ」「甘えるな」で一喝してしまう上司というのがいたそうです。

上層部に対していい顔がしたいがために部下に負担を押し付けてしまうようなタイプで、こういうタイプの人間が幅をきかせているような体質の会社があるのも確かでしょう。

納期を守ることができなかった人間に対してパワハラを行うようなことが常態化している会社ですと、社員にストレスが蓄積してしまい、心身を病んでしまうこともあるでしょう。

大手も、かつてはそういう理由で社員が辞めてしまったことがあったそうです。

仕事において納期は確かに重要なものですが、必要以上に無理を強いることで自分の心身を傷つけてしまうのは本意ではありません。

いわゆる「ブラック企業」のように会社の体質に問題があると判断できるならば、転職も選択肢のひとつになってくるでしょう。

あなたにとって代わりの会社はあっても、代わりの心身はないのです。自分を大切にすることも必要なのです。

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ