過酷なブラック企業で休みがない人への6つのヒント

sonnenanbeterin-884823_640

ブラック企業は、社員の労働時間の管理を適当に行います。

会社の利益を上げることしか頭にないため、長時間労働にさらされることによる労働者の健康被害などは一切お構いなしです。

もしかしたらあなたは今、

「会社の利益があがってこそ初めて休日がとれる。」

会社側の一方的な押し付けでこんな風にさえ考えているかもしれません。

 

しかし、これは幻想です。

 

むしろ少子高齢化で人手不足の昨今、こういった古い考えの会社で働いているとかなりのリスクを伴います。

それは、

・健康を損なうリスク

・新しい価値観に対応ができなくなるリスク

です。

このご時世、わざわざ待遇の悪い会社で働いているのはもったいないです。

 

 

そもそも法定休日が存在する

(※参照:厚生労働省

休みを与えないブラック企業について考える前に、法定休日について説明しておきます。

法定休日とは、労働基準法によって、労働者に与えることが義務付けられた休日のことです。

そして、この法定休日は

 

  • ①毎週少なくとも1日以上の休日
  • ①の休日を与えることができない場合には、4週間を通じて4日以上の休日

 

と定められています。よって、一般的なケースでは、会社は、1週間に1日以上労働者に休日を与えなくてはなりません。

最近では、週休2日制が当たり前になっています。

普通の会社であれば、土曜日曜は連休となります。週休2日制を採用している会社では、長時間労働による過労による病気や過労死が問題となることは、まずありません。

 

 

法定休日さえないと健康を損なう

労働者の健康にとって、まるまる1日仕事から解放される休日は非常に大切です。

平日の残業が多い会社でも、土日が休日であれば、その休日を利用して疲労の回復ができますから、労働者の過労事故が発生する確率は低くなります。

反対に、平日の残業が少なくても、休日を与えないで何週間も働かせると、過労死の確率は急速に高まります。

 

休日の一番の目的は「会社の事を考えなくても良いという心身ともに解放される時間」を作る事。

 

法定休日を守らないことは、ストレスな状態を維持し続ける事を意味し、過労事故を発生させる非常に危険な行為なのです。

 

過労死ラインを超える残業をしている人はそもそも休日を与えられていない

screw-clamp-790474_640

 

過労死ラインと呼ばれる1ヶ月当たりの残業時間の長さは、80時間から100時間といわれています。

また、実際に過労死した人の残業時間をみると、月120時間とか150時間に昇る場合があります。

平日の残業のみでこのレベルの残業時間を達成するのは困難です。

 

つまり、月100時間を超える残業時間という場合、ほぼ間違いなく、休日に仕事をしています。

 

要は週休2日どころか、週1回の休みも与えられないで、1ヶ月間ほぼ連続で働かされているということになります。

通常、こういった状況に陥る前に別の社員なり上司なりからのサポートが入ります。

そういった体制さえもなく、自分一人で休むに休めない状態が継続しているのも典型的なブラック企業の特徴と言えます。

 

 

平気で法定休日を与えない経営者は危険な存在

killer-820017_640

 

ブラック企業の経営者の中には、特に若いうちは、土日もなく働くのは当たり前だという考えを持ち、社員に対して法定休日を無視した無茶苦茶な勤務シフトを命じてくるところもあります。

 

これは、明らかに法律違反ですし、間接的な殺人罪です。

 

でも、会社の経営者には罪の意識がありません。

実際に自分の会社から過労死者を出したうえ、遺族に訴えられて、多額の賠償金の支払いを命じられるまでは目が覚めません。

こういう経営者は、社会にとって非常に危険な存在です。

さらに言えば一番怖いのが、働いている本人が「会社のため」と取り違えて頑張り続けてしまうケース。

健康を損なうリスクがある上、時間もどんどん浪費してしまう・・・。

 

 

ブラック企業が休みを与えない場合の対策について

ブラック企業が社員に休日を与えない場合の対策を自分なりにまとめてみます。

 

労基署に匿名相談する

ブラック企業に就職して、1週間に1日以上の休日を与えられなかった場合には、労働基準法違反を労働基準監督署に申告する方法があります。

その際には、法定休日が与えられない証拠として、タイムカードやご自身の勤務状況を記録したメモやメールの履歴などが必要になります。

また労働基準監督署への申告は、匿名でもできます。

監督署に申告したことが会社にばれるとまずい場合には、この匿名の申告を利用するとよいでしょう。

監督署が事実関係を認め、会社を調査の上、是正勧告を出してくれれば、会社が法定休日を与える可能性があります。

 

参考:厚生労働省|全国労働基準監督署の所在案内

 

 

会社を休む、会社を辞める

しかし、ブラック企業が監督署の言うことを素直に聞くとは限りません。

しかも、監督署の指導には時間がかかります。現に過労死ラインを超える残業を強いられている場合には、監督署の指導を待っていると過労で倒れたりします。

その場合には、方法は2つあります。

 

1つは、診断書を出して会社を休む方法です。

 

真面目な方の場合、診断書を出して会社を休む場合には、罪悪感を感じるかもしれません。普通の会社ならばそうです。しかし、ブラック企業の場合は別です。

法定休日を与えず、労働者の生命を危険にさらすブラック企業は犯罪者です。

犯罪者相手に罪悪感を感じる必要は全くありません。自分の身を守ることを優先して考えるべきです。

 

もう1つは、会社を辞める方法です。

 

法定休日を与えないブラック企業に勤めていることは非常に危険です。

我慢して勤めて、生命を失ったら何にもなりません。

世の中にはよい会社もたくさんありますから、法定休日も与えないような会社に勤めている必要は全くありませんので、はやく普通の会社に転職するのが賢い選択です。

 

 

社会人なり立ての若者が狙われる

ただ、こういったことは、ある程度世の中を見てくるとだんだん分かってくるのですが、社会人になり立ての方の場合、社会の仕組みが分からずに、ブラック企業の餌食になり易いことは残念なことです。

要は見識のない若者ほどブラック企業の罠にはまってしまうのです。

また、新入社員が世の中の仕組みに疎いことを利用して、散々に利用しようとするブラック企業も許されません。

 

自分の会社がブラック企業かどうか分からない。

友人に相談したり、ネットで調べてみたものの限りなくグレーだ。

こんな疑問にさらされている方は、一度「転職エージェント」に相談してみるのも一手です。

もちろんそのまま転職相談するのも一つですが、転職エージェントは、

・業界全体のブラックな風潮

・その業界で生き残る会社の特徴

・ホワイトな会社もあるのか?

などのかなり込み入った情報を提供してくれます。

第三者の客観的な整理付けをしたいという方にはおすすめです。

 

      • リクルートエージェント

        altタグ

 

      • すぐにでも今の職場を離れたいのであれば、業界最大手のリクルートエージェントに相談してみては。キャリアの深いコンサルタントさんが、色々な相談に乗ってくれます。
      • DODA

        altタグ

 

    • 確実な転職を実現させたい人。自分の適正が今一分からずにじっくりと仕事を考えたい人におすすめのサイト。

 

 

とにもかくにもいち早く「休みがない」会社から読者様が抜け出す事を願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ