教育業界がブラックと言われる理由

old-letters-436502_640

 

最近、スマートフォンの登場や急速なグローバルに伴って、日本の仕事自体に大きな変化が起きています。

例えば、安定とされていた大手企業の倒産や終身雇用制度の崩壊など、昔では考えてられなかったことが次々に起きています。

また、ワークスタイル多様化や成果主義への移行など時代の変化により、給料なども変わってきています。

そんな仕事のあり方や取り巻く環境が変化していく中での教育業界がブラックだと言われる原因、体験などについて詳しくお話しします。

 

教育業界の取り巻いている状況

教育業界を大きく分けると国公立と私立で小学校〜大学までの学校教育や受験などを目的とした予備校塾などがメインで多岐にわたる枝分かれた業界となっています。

現在の教育業界の取巻いといる状況は、グローバル化やスマートフォンやソーシャルメディアによる情報のさらなる可視化により様々な問題が多く発生しています。

さらに少子高齢化による子供の不足や働き手の減少に倒産など学校経営自体も不安定となってきて、働く側はさらにきつい仕事や労働環境が求められてきています。

メディアへの過剰な報道などがさらなるブラック化の要因となっています。

 

 

教育業界に置かれている労働環境

教育業界では、特に教師の置かれている環境がまずあります。

早朝からの出勤からの始まり、授業の準備や実際の授業、担当教室を持っていた場合は、さらに細かな業務や生徒一人一人の状況を見なければならないです。

これだけでもかなりの神経を張りますが、さらに部活の顧問をやっていると夏休みや冬休みも休み関係なしに出勤が必要になります。

これに修学旅行や運動会などの季節ごとの各運営と毎日朝〜夜遅くまで仕事をしなければならない一般企業の長時間労働、休日出勤と変わらないブラックな労働環境でやることが求められます。

たとえ、子供が好き、沢山のことを教えたいなどの夢や強い想いがあっても、極度の疲労やストレスによる鬱などの症状の働き手が増え続けています。

 

教育業界の親とのトラブル等

教育業界がブラックと言われている要因は過酷かつ神経の使う労働環境だけではなく、親とのトラブル、子供同士のいじめなどコミュニケーションの問題があります。

特にモンスターペアレントと言われている非常識で理不尽なクレームやトラブルを持ち込んでくる親に教師が悩まされています。

例えば、ちょっとした子供同士のけんかで片方に軽度な怪我を負わせてしまった場合。

当事者と親で解決するレベルの問題でも、

 

  • 学校や教師の監督不行き届きとしてクレームを入れる
  • SNSなどを利用したいじめなどのトラブルに対して、学校側にも指導責任がある

 

このように、親の理解のなさで学校側の教育のせいにしたりなど人間関係のトラブルによる精神的ストレスを抱えてしまい、辞めてしまうケースなどもあります。

 

 

教育業界以外の道や考え

教育業界は、学校経営における問題や教師の過酷な労働環境や保護者や子供たちとのコミュニケーションなどのトラブルなど置かれている状況が職場によってブラック化していることを言うまでもないです。

働く側として、人と人のコミュニケーションなどが中心となる仕事である以上ある程度のストレスや時間外労働などは仕方がない部分があります。

しかし、それで疲労による深刻な病や精神的な疾患を抱えてしまっては元も子もないです。

 

本当にヤバイ状況で上司や周りの人に相談しても解決しない場合や自分で限界だと感じた場合は、違う環境や仕事への転職を考えたり、体を休める期間を作る選択や行動を取ってもいいと思います。

 

様々なブラックな労働環境や問題を抱える教育業界で上手く向き合ってやっていく環境や労働環境の改善など働きやすくなる環境でない場合は、一歩踏み出すことも必要になると思います。

 

教育業界以外への選択肢

あまりにもつらい状況や自分では許容しきれないほどの心身状態になった場合は、その場から逃げる選択肢を考えてもいいように思えます。

あまりの保護者や学校などがいくら無責任などと非難しても、自分の身が一番大切です。

一度、足を止めたからといってそこで人生終わりになるわけではないです。一度、足を止めて、切り替える時間を作って、違う道で再スタートするのも一つの選択肢です。

ですので、逃げることが負けや恥ずかしいと思わず、プライドなども捨てて行動に移すことが大切になります。

教育業界以外でも子供の笑顔を見たい、役に立ちという想いがあれば、他の仕事ややり方でもやり方はいくらでもあるはずです。

 

最後に

教育業界の置かれている状況や労働環境などの問題は年々酷くなっており、ブラック化しています。

そんな中でどうしようもなくなったら、自分の身を一番で逃げ出すことは恥ずかしいこてではないです。

一度休んで、違う形や仕事を探すのも選択肢の一つで、子供への想いがあれば、いくらでもやり直しができると思います。

 

 

 

・会社を辞めたいけど自分の本当の適正が分からない人

・今の会社をとにかく辞めたい人へ!

・もうブラックな会社では働きたくない人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ