ブラック企業を避け、ホワイト企業をメインに紹介してくれる転職エージェントランキング

office-820390_640

 

転職をする際に、転職エージェントを利用して活動するのが当たり前の時代になりました。

裏を返せば、転職エージェントの需要が高まっているのでそれだけ多くの転職会社が参入しているとも言えます。

 

よく分からぬまま「どこでもいいや」と登録した結果、とりあえず転職に成功。でも前の職場よりももっと酷い環境になった。

こんな事になっては何の意味もありません。

ブラック企業を避け、ホワイトな企業に確実に就職を決めるには要因があります。

それは、

 

ブラック企業ばかり紹介する転職エージェントを使わない

 

この1点です。

 

なぜブラック企業ばかり紹介するの?

適当な転職エージェントに登録してしまうときまって、「不動産営業」や「外食産業」「ブラックなIT系の営業職」の紹介ばかりを受けます。

 

「またこれかよ・・・。」

 

送られてくるメールが、自分もよく知っているブラックまがいの会社ばかりでゲンナリした経験をした方も多いのでは。

実はこれには転職エージェント側の理由があります。

エージェントは企業を求職者に紹介して利益を得ているという構造上、ホワイトな案件だけでなくブラック企業案件も抱えていたりします。

掲載する企業はエージェントから見れば「お客様」でもあるので、ブラック企業といえど、

 

「逆らえない」

 

こういった事情を抱えているのです。

そして、この上下関係の構造は小さい転職エージェントに行けば行くほど、その風潮が強いのです。

 

・ネームバリューがないため、大手企業からの掲載依頼を受けれない

・よって掲載企業が、簡単に仕事を請け負えるブラック企業ばかり

 

こんな事になりがち。

 

そのため、ブラック企業を避けホワイト企業での転職を目指すのであれば、大手の転職エージェントを使う事が必須になります。

 

しかしここでも注意点が1つ。

 

大手でも担当のコンサルタントが少なかったり、一人一人が多忙過ぎる場合も、納得のいく案件が紹介されない場合がある。

コンサルタントは一人につきあなた以外の求職者も多数抱えており、手一杯になってしまっている。

すると、いかにも決まりそうなブラックな案件を機械的に紹介してくる。こんな事もよくあり得る話し。

こういった理由から、大手転職エージェントを利用する際には、担当者が自分の要望にしっかりと向き合ってくれているか?を見極める必要があります。

そのコツとして、

 

・メールの返信があまりにも遅い

・やたらリクルーティングするくせに、案件のレベルが低い

・紹介案件が、自分でも調べて出てくるブラック案件ばかり

・なんとかして良い仕事を見つけてくれている感が希薄

 

こういったコンサルタントのちょっとした姿勢を見落とさずにしたいです。

 

ホワイト企業を紹介してくれる転職エージェントの特徴

ホワイト案件を紹介してくれる転職エージェントの特徴は決まっています。

 

・コンサルタントの数が多い

・転職ノウハウや業界に熟知している

・過酷なノルマを抱えていない

 

こういったところです。

 

コンサルタントの数が多い

コンサルタントの仕事は予想以上に多忙です。

多い人では、一人につき100人近い求職者を担当しています。あまりに多忙過ぎると、一人一人への対応がズサンになって、

「とにかくなんでもいいから紹介だけでもしなくちゃ」

となって適当なブラック案件を紹介してくる。こんなコンサルタントがいるのも事実です。

言わずもがな、コンサルタント数が多ければそれだけ余裕が生まれ、あなたに向き合ってくれる度は高まります。

 

余裕と誠意を持って接してくれる。こんな転職エージェントを使うべきです。

 

転職ノウハウや業界に熟知している

あなたが他業種を望む場合、良い転職エージェントほど、営業職なら営業だけ事務系なら事務だけといった具合に業界を絞り込ませるようなことはしません。

「あなたは他に行くところはない」とでも言わんばかりの態度を取らないのですね。

同業種内での転職となると、業界全体がブラックな傾向なため、また同じようにブラックな会社に・・・。こんな事にもなりかねない。

こんな時あなたのスキルや経験が他業種でどれくらい生きるのかを過去の事例から打ち出し、アドバイスをしてくれます。

結果、ブラック企業を避けることができます。

 

過酷なノルマを抱えていない

ここ意外と重要です。

コンサルタントがノルマ(どれだけ成果を上げたか)を抱えている場合、投げやりな態度を取ってくる人がいます。

転職希望者が沢山いる場合、ノルマを抱えているが故に数をこなそうとし、「転職までに時間がかかりそうな求職者は数がさばけないので、適当にあしらう」こんな考えを持っている人がいるのです。

コンサルタント自身が成績を競い合っているために、いたし方のない部分はありますが、ここで妥協してしまうとホワイト企業への転職という本筋とはズレてしまいます。

過度なノルマを抱え、投げやりな仕事をするような転職エージェントは避けるべきです。

 

具体的にどの転職エージェントならいいの?

これから紹介する転職エージェントは、私自身が実際に使ってみて、ブラックな案件が少なかったと感じたエージェントです。

案件の紹介以外にも、「職務経歴書の添削」「親切な面談」などサポートがしっかりしている印象の強い会社です。

ただそんな中でも、コンサルタントとウマが合わないといった事は何度かありました。

そうするとこちら側も、ホワイトな案件を紹介されているのに何か疑いの目をかけてしまったりと疑心暗鬼になってしまうところはあったので、自身自身でも業界の研究えお平行して進めていく必要があっるのかなと感じました。

最悪、コンサルタントの変更を申し出ることもできます。

ですがまずは、自分の希望をしっかり伝えた上で、じっくり取り組んでいくことが第一歩です。

 

 

      • DODA

        altタグ

 

      • 確実な転職を実現させたい人。自分の適正が今一分からずにじっくりと仕事を考えたい人におすすめのサイト。地方の方でもオフィスで面談してくれ、詳細に案件を教えてくれます。担当に当たり外れがあるので、合わないと感じたらコンサルタントを変更することも可能です。

 

    • リクルートエージェント

      altタグ

 

      • すぐにでも今の職場を離れたいのであれば、業界最大手のリクルートエージェントに相談してみては。幅広いコンサルタントが在籍しているため、色々な相談に乗ってもらえます。注意点はリクルートはどちらかというと高学歴者向けの転職エージェントといったイメージ。紹介できる案件がない場合には、シビアな態度に出てくる人もいるので、具体的にどんな案件があるのかのリサーチに使うなどで工夫したい。

 

 

    • マイナビエージェント

      altタグ

 

      • 転職サポートの期限が決まってないので、じっくり話し合いをしながら転職活動に取り組む事ができる。コンサルタントもノルマを抱えているわけではないので、ホワイトな案件を紹介して貰いやすい。

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ